Database

薔薇の名前 (1986)

ドラマ スリラー
THE NAME OF THE ROSE

公開日:1987/12/11

中世イタリアの修道院に、イギリスの修道士がやってきた。彼は、おりしも発生した連続殺人事件を調査することになるが……。ウンベルト・エーコの暗喩と象徴に満ちた同名小説の映画化作品。
4 (3人)
キャスト
William of Baskerville
Bernardo Gui
Adso of Melk
Remigio da Varagine
Severinus
The Abbot
Malachia
Jorge de Burgos
Ubertino da Casale
Berengar
Venantius
The Girl
Salvatore
Michele da Cesena
Adelmo
レビュー投稿

レビュー
きくりんさん
2003/03/18 15:04
 この作品の見どころは、ウィリアム修道士が次々と難解な謎を解き明かしていく「謎解き」の部分でしょうが、僕は幾重にも繰り広げられる宗教論争の方が正にこの作品の本質だと思いました。
 事件の核となる事柄は「異端の追求」です。人間の歴史を政治的および分化的な営みとして捉えようとすれば、そのあらゆる相において絶えず「正統」と「異端」の問題が浮かび上がってきます。我々は宗教上の問題として「正統」と「異端」を考えるときも、宗教を政治的−文化的相のもとに捉えない限り、この問題を正しく扱えません。宗教的な異端というものは本来存在しません。意見の相違、解釈の相違があるだけです。ただ、政治的体制と結びついたりして自己完結しようとした時、他の宗派、流派は「異端」となるのです。
 人に救いを差し伸べるものである筈の宗教が、人に恐怖を与えるものに変わってしまう瞬間です。いえ、宗教が恐怖を与えるのではなく、人間が与えるのです。人間の醜さ、汚さ、恐ろしさが宗教論争を通して浮き彫りにされる様は、ただただ圧巻です。
 余談ですが同じくエーコの『フーコーの振り子』も映画化して欲しいですね!
うみさん
2002/04/11 23:21
コロンボいうより、金田一だな。
そんでもって耽美的。
tannjiさん
2002/03/31 00:55
とにかく修道院の、そのおどろおどろしい外観に圧倒されます。
現代とは遠くかけ離れた場所で繰広げられる、刑事コロンボ張りの推理劇が見物。