【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


ことの終わり

THE END OF THE AFFAIR ■アメリカ ■1999年 ■ラブストーリー
日本公開日:2000/10/14  上映時間:101分
配給:ソニー・ピクチャ一ズ
監督:ニール・ジョーダン
出演: レイフ・ファインズ / ジュリアン・ムーア / ステゥーブン・レイ / イアン・ハート / ジェイソン・アイザックス / ジェームズ・ポーラム
戦時下のロンドンで人目を忍んで激しく愛し合う男と女。男は小説家ベンドリックス。女は美しい人妻サラ。生真面目な高級官吏の夫に尽くしながらも情熱とは無縁の生活を送ってきた彼女が、初めて熱い愛を捧げた相手がベンドリックスだった。誰にも知られることのない、ふたりだけの官能的な時間は、たとえ世界が滅びようと永遠に続くかに思われた。
 だが幸福の絶頂でサラは突然別れを告げる「愛は終わらない」と言い残して。それから二年後、ベンドリックスはサラに浮気相手"第三の男"がいるらしいことを知る。果たしてそれは何者なのか?ベンドリックスとの関係に終止符を打ったのは、その"第三の男"のせいなのか?謎を追うベンドリックスを待ち受けていたものは、あまりにも功なく純粋な愛のかたちだった。
平均評価《2件中》★★★☆(3.25/5)

主な受賞
第72回アカデミー賞 主演女優賞(ノミネート) ジュリアン・ムーア
撮影賞(ノミネート)
第57回ゴールデン・グローブ賞 作品賞
/ドラマ部門
(ノミネート)
主演女優賞
/ドラマ部門
(ノミネート) ジュリアン・ムーア
監督賞(ノミネート) ニール・ジョーダン
作曲賞(ノミネート) マイケル・ナイマン

投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
るる
2002年01月17日(木) 16時19分
★★
一言で言えば、不倫だけれども、人を愛するってこういう事なのかもと考えさせられました。ただ、サラが小説家に何故惹かれていったのか、そこがちょっと・・・。彼のどこが好きなのかもイマイチよくわからなかったし。
でも、彼女の中の強さ、弱さが、同じ女性として、とても共感できました。
T.Gilliam
2002年03月13日(水) 16時28分
★★★★☆
ニール・ジョーダン監督の評価は分かれるかもしれませんが、『クライング・ゲーム』『マイケル・コリンズ』『ブッチャーボーイ』など特にアイルランドに関わるものは、強く印象に残っています。

この作品は自伝的要素が強いといわれているグレアム・グリーンの小説を原作としており、舞台もロンドンなので、ほかの作品とは違った印象です。↑「サラが小説家に何故惹かれていったのか、そこがちょっと・・・」との感想ごもっともですが、原作がそうなら仕方ないのではないでしょうか。自身小説家でもあるジョーダン監督はグリーンに共感するものを感じたのでしょうね。

むしろ、「全体を官能的な幽霊譚にしたかった」というジョーダンの意図が成功しているかどうかが評価の分かれ道でしょう。そういう意味では、<あの>誓いを立てたときからサラは取り憑かれ呪われるわけで、そこそこ成功していると思います。

爆撃で荒廃したロンドン市街をセットで忠実に再現するなど、監督の意気込みも感じられます(やや空振りかもしれませんが)。

映画全体の成否はともかく、ジョーダン作品常連のスティーブン・レイがこれまでどおり好演している点がよかったです。


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。