【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


グローリー

GLORY ■アメリカ ■1989年 ■ドキュメント /ドラマ
日本公開日:1990/4  上映時間:122分
監督:エドワード・ズウィック
製作:フレディ・フィールズ
原作:リンカーン・カースティン / ピーター・バーチャード / ロバート・クールド・ショウ
脚本:ケビン・ジャール
撮影:フレディ・フランシス
音楽:ジェームズ・ホーナー
出演: マシュー・ブロデリック / デンゼル・ワシントン / モーガン・フリーマン / ケイリー・エルウィズ / ジミー・ケネディ / アンドレ・ブラウアー / ジョン・フィン / ドノバン・リーチ / ジョン・デビッド・カラム / アラン・ノース / ボブ・ガントン / クリフ・デ・ヤング / クリスチャン・バスコウス / ジェイ・O・サンダース
ロバートは良家の出身で、北軍の大尉だった。自ら一部隊を率い戦場を駆け巡るが、ある日部隊は壊滅してしまう。命からがら故郷に戻った彼。そんな折、合衆国初の黒人部隊が結成されることになり、隊長として彼に白羽の矢が立つ。大佐として彼らの指揮を取ることになったロバート。やがて、北軍の星条旗の下にトリップ、ローリンズ等数多くの志願兵が集まった……。
平均評価《8件中》★★★★☆(4.45/5)

主な受賞
第62回アカデミー賞 助演男優賞(受賞) デンゼル・ワシントン
撮影賞(受賞)
編集賞(ノミネート)
音響効果賞(受賞)
視覚効果賞(受賞)
第47回ゴールデン・グローブ賞 作品賞
/ドラマ部門
(ノミネート)
助演男優賞(受賞) デンゼル・ワシントン
監督賞(ノミネート) エドワード・ズウィック
脚本賞(ノミネート) ケビン・ジャール
作曲賞(ノミネート) ジェームズ・ホーナー

投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
マイロ
2001年04月07日(土) 23時32分
★★★★☆
若き日のデンゼル・ワシントン。
今はすっかり円熟の境地と言ったところだが
当時はギラギラした反抗的な目をして
人を寄せ付けないような雰囲気だった。
私はこの映画で彼にハマリマシタ。
鞭で打たれながら涙を流し、こちらを見ている目が
悲しくも切ない。
yoshi-k
2001年05月14日(月) 22時28分
★★★★★
↑鞭で打たれたのってデンゼル・ワシントンではないですよ・・・。
ショー大佐の親友の病弱な黒人のはず。
若き大佐ショーが周りの偏見にあいながらも黒人部隊を指揮し
その内容を克明に両親へ手紙でつづった。という実話を
もとにしているのもそそるし、モーガン・フリーマン、デンゼルワシントンが共演していい味だしてる。
感動すると思います。ただ人によっては全くもってつまらん
という人もいるかも。

ちなみにプラトーンで主人公がおばあちゃんだかおじいちゃんに
手紙で戦場の様子をつづるのはこれのパクりだそうな。
yoshi-k
2001年05月14日(月) 22時31分
★★★★★
↑の補足
原作のね。
pipi
2001年06月18日(月) 01時24分
★★★★★
面白かったです。
それから、
鞭で打たれて涙ながしてたのって、デンゼル・ワシントンで
いいはずですよ。勘違いなさってるのでは?
昨日見たから確かです。靴とりいって鞭で打たれてたのは
デンゼルです。
kazbee
2003年01月04日(土) 00時30分
★★★★★
随分前に見たけど、これは本当に良かった。
デンゼルもモーガンもこの映画で一躍出世した感がありますね。
ショー大佐役のマシューブロデリックも様々な葛藤に苦しむ姿
を好演しているのが印象に残りました。
まさき
2003年06月23日(月) 22時40分
★★
ちょっと辛口に・・・
ボワァーっと頭に残っているだけで、印象に残る場面がなかったのがちょっと残念でしたね。
インパクトのあるないようならもっとよかったのに・・
利映
2003年11月12日(水) 03時37分
★★★★
今アメリカの大学で勉強していますが、今日のアフリカンアメリカンスタディの授業でこの映画を見ました。彼らとディスカッションしたりもするんですが、アメリカ黒人の歴史や背景、現状、彼らの感情や文化などを知った上で観るとインパクトがないなんて言えません。一つ一つのシーンがとても重要にかんじられます。実際に彼らの文化に触れる機会のあまりない人や、差別を身をもって経験したことのない人にとっては軽い映画に見えるかもしれません。
しげ
2006年01月26日(木) 02時03分
★★★★★
皆さんがおっしゃっているようにデンゼルワシントンがすごい。鞭で打たれるときに背中の傷があらわになって、なにかを訴えるような目で、涙をこぼしながらこちらをみつめてくる場面。黒人の苦しみを一身に背負っているようだった。アメリカの南部では、まだ黒人差別がのこっていて、この手の映画を拒んでいるらしいけど、信じがたいね。エドワードズウィック監督の作品ではレジェンドオブフォールっもよかった。ブラピがでてるやつ。ラストサムライは日本人をおだてようとしている感じがあって、感動できなかった。


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。