【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


いまを生きる

DEAD POETS SOCIETY ■アメリカ ■1989年 ■ドラマ
監督:ピーター・ウィアー
出演: ロビン・ウィリアムズ / イーサン・ホーク / ゲイル・ハンセン
アメリカ東部の全寮制名門校に、新任の英語教師キーティングがやってきた。OBでもある彼は、厳しい管理のもと無味乾燥な勉強をする生徒達を見て「自分の感性を信じて、今を生きろ」と説く。数字で詩を解釈する教科書を捨てさせ、机の上に立たせて視野が広がることを体験させるなど型破りな授業で彼らの心をとらえていくキーティング。しかし、自我に目覚めた彼らを悲劇が襲う……。
平均評価《16件中》★★★☆(3.7/5)

主な受賞
第62回アカデミー賞 作品賞(ノミネート)
監督賞(ノミネート) ピーター・ウィアー
主演男優賞(ノミネート) ロビン・ウィリアムズ
脚本賞(受賞) トム・シュルマン
第47回ゴールデン・グローブ賞 作品賞
/ドラマ部門
(ノミネート)
主演男優賞
/ドラマ部門
(ノミネート) ロビン・ウィリアムズ
監督賞(ノミネート) ピーター・ウィアー
脚本賞(ノミネート) トム・シュルマン

投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
SUMMER
1999年05月25日(火) 11時07分
★★★★
高校を卒業してからみた。もし18までに観てたら、少年の純粋さに心からのめり込んだと思う。その時の私は夢があるならどうして戦わないの!!と思った。映画って観る年代、状況によってこうも感情が違うんだって初めて思ったのを覚えてる。
ノリパン
1999年08月05日(木) 15時36分
キャメロンが,裏切った時ヌアンダが,殴りかかったあのシーンは,生徒たちがいかにキーティング先生を・・・
ムアディブ
2000年12月25日(月) 02時08分
★★★
小説が先かビデオが先か覚えてないけど、どっちも
感動させられた作品。どっちかと言えば小説の方が
良かったけど。
「大人は解ってくれない」と言う叫びが聞こえてきそうな
学園ドラマ。
JUN
2001年01月31日(水) 00時14分
★★★★☆
SUMMERさんのコメントすごくいいっすね。
自分も同感です。いい映画ですよ!!
やまおとこ
2001年02月23日(金) 08時54分
★★★★
この映画を見るたびに高校時代をやり直したくなります。
できればキーティング先生のもとで・・・
特に、最後のシーンに感動しました。
コアラ
2001年03月29日(木) 18時32分
わからん!わからんわからん!
一体なんだったのかわからない!
なんじゃこれ。
????
kiitos
2001年04月01日(日) 01時15分
★★★★★
unremarkably touching. this film reminded me of something extremely important. it tells us what's important in education, how one is ought to learn. Robin Willams, again, good at this kind of human story. One of the best I've ever seen
しゅーちゃん
2001年06月02日(土) 16時20分
★★★★☆
いい映画です!感動します。
僕も高校の頃、映画に出てくる生徒達みたいでした。
親も映画にでてくるあの方々にそっくりで、僕はそれに絶えられず
なにも言わず家出して、祖母の家で一年ほど暮らした覚えがありますした。人生の喜びとはなにか、そのときから色々考えて、
今は昔の何倍も人間らしくなったなーって思います。

それにしてもあの親、どーしようもないですよね。
映画だけじゃなくて、あんな親が現実でもいるっていうことも
どーしようもないですよね。
人間らしく、自分らしく生きたいな、ってあらためて思った映画です。
しゅーちゃん
2001年06月02日(土) 16時24分
★★★★☆
kiitosさん、いいこといってますね!
私の好きな言葉で、
「本当の教育とは、教えた知識を全て忘れ去ってもなお残るところにある」
っていうのがあります。
僕がいままで授業を受け、尊敬した先生もみんなそういう姿勢の方々でした。あーいい映画だ♪
ロビンウイリアムスの「レナードの朝」もいい映画です☆
Cooco
2001年06月07日(木) 13時40分
昨日初めて見ました。
なんて穴の多い脚本なんだ。
これがどうしてアカデミー賞を受賞したのか分からない。
製作者側の意図したかった事は分かるが、説明不足が過ぎる。
おかげで全く説得力の無い映画になってしまった。
ちゃんと作れば面白くなったんだろうに…
パイン
2001年10月22日(月) 22時12分
★★
友達は絶賛していたが、俺はどうも…。
なんか問題撒き散らして行ったみたいで嫌かな。
ななぼん
2002年08月20日(火) 20時52分
★★★★
良かったです。何か、自分の姿と彼ら生徒達の姿が重なってしまってかなり感情移入してしまいました。
ただ、彼が死んでしまったのは何とも惜しい。。。
若きイーサン・ホーク、あの頃から素敵だったんですね!
sasada
2003年02月01日(土) 20時49分
★★★★☆
これはなんか心に残りますね。
まみ
2003年02月03日(月) 17時55分
★★★★☆
私も映画の中みたいな規律が厳しくて、今年で100周年の女子高に通っています。それで、なんだか自分と映画を重ねてしまいました。名門名門とうるさい先生や、親、OGに嫌気がさしてた時に、この映画に出会えて良かったです。なんでぇ!?って思うシーンもあって、賛否両論だと思うけど、私の中では感動の名作です。キャプテンが教えてくれたことを忘れないで、自分の人生を掴み取ろうと思いました。
No19
2003年03月25日(火) 16時34分
★★★★★
二ールの自殺やキーティングの行動を極端だという方も多いようですが、時代や風土が物語に色濃く影響を与えている分仕方がないでしょう。どこの国でもあの年代は父親が絶対で逆らえば勘当されるのが当たり前でした。二ールは舞台をやり通す事で最後の一手を打ち、それでも変わらなかった現実に対し来世に希望を託したのだと思います。
残念なのはキーティングがニールの嘘に薄々気づきながらもそのまま流してしまった点ですが、本人の頑張りに賭けていた分仕方がなかったのかもしれません。
この映画に関しては、作品の出来がどうこうではなく、どれだけ伝えられたかだと思います。だから私は評価します。
329いあひるのこ
2004年11月09日(火) 13時48分
★★★★★
知り合いに勧められて見たのですが、いい映画でした。ニールが自殺には涙しました。なぜ父に本心を打ち明けられないんだ、とくやしく感じました。そして、最後にキーティング先生を机の上に立って見送るシーンは胸が熱くなりました。自分は19ですが、もっとはやくにこの作品と出会いたかったです。
ともりん
2007年08月13日(月) 13時28分
★★★★
原作の方が面白い。映画って原作の方が面白いな。と昔は思っていたが今は本なんて読まなくなったな。こんな先生がいるのだろうかという程ス・テ・キな先生だが可哀相なラストだったよね?


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。