【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


小さな目撃者

DO NOT DISTURB! ■オランダ ■1999年 ■サスペンス /アクション
本国公開日:1999/11/4  日本公開日:2001/3/10  上映時間:95分
配給:コムストック
監督:ディック・マース
製作:ラウレン・ヘールス / ディック・マース
製作総指揮:ハインツ・ティム / ハインツ・リーマン
脚本:ディック・マース
撮影:マルク・フェルペルラン
編集:ベルト・ライケライクハウゼン
音楽:ディック・マース
出演: ウィリアム・ハート / ジェニファー・ティリー / フランチェスカ・ブラウン / デニス・リアリー / マイケル・チクリス / コリー・ジョンソン / マイケル・ゴールジアン
アメリカの製薬会社の重役ウォルター・リッチモンドは、妻のキャスリンと10才の娘メリッサを連れて、商談と観光を兼ねてアムステルダムを訪れる。一家は、有名なロック・スター"ビリー・ボーイ・マンソン"も滞在している超一流ホテル"ホテル・ド・ヨーロッパ"にチェックインする。しかし、口のきけないメリッサは、両親と離れたスキに迷子になってしまい、気づいた時には、ひとりホテルの外。中に入ろうにも入れず、心細い思いをしながら、人気のないホテルの裏手に出たメリッサは、偶然殺人事件を目撃してしまう……。
平均評価《3件中》★★☆(2.35/5)
投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
カートマン
2001年05月18日(金) 04時41分
★☆
一言で言えば「なんじゃこりゃ?」という作品。普通に見てしまうと単なる駄作。でも、見方を変えて、「トンデモ本の世界」の視点と導入すると、ツッコミ所満載の爆笑の怪作となる。
殺し屋のおマヌケな行動、雇い主との緊張感の無い会話、主人公の「10歳の子供にそれは無理だろう」のアクションの数々。「犯罪都市アムステルダムでは何でも起こり得ます」てなノリのテキトーな設定とそれを補おうとして補いきれない説明的セリフ。しかも、子供が口を利けない事をやたら強調する割に、それを全然生かしきれてない。もう、何で思い切ってコメディにしちゃわなかったのか不思議でしょうがない。
シリアスな作品としてマジメに見ていくと、笑いとか呆れとかを通り越して、怒りが込み上げてきちゃうので、これはツッコミ入れて笑う作品だと充分に思い知らされた頃、クライマックスが訪れる。それも、何の必然性も無い…(ひ・み・つ)。そこでインテリなお父さんはダイハードな男に大変身!!ダダッと駆け出して行って、物凄いパワーと根性と怒涛のアクションの連続で犯人を追い詰める。よくぞやってくれました。大爆笑で拍手喝采!!という感じ。
どこかに「ホームアローンとダイハードを併せたような作品」と紹介してあったけど、こういう意味だったのね…(笑)。他に持ち上げ様が無いもんなぁ。まあ、アムステルダムの風景を楽しむ映画っていう評もあったけどね、そんなでは言い尽くせないよなぁ。
星の数は普通の作品として見た場合を想定したものだから、あまり気にしないで戴きたい。とにかく爆笑の怪作。変な物が好きな人には是非お奨めの逸品。ビデオが出たら是非見てみて!
ナコルル
2004年02月22日(日) 22時29分
★★
映画自体はあまり面白くないけど、マイケルゴ−ルジアンがうち的にけっこう好きだったよ-な・・・♪

2006年07月04日(火) 04時54分
★★★☆
面白かった。甘すぎないファミリーコメディ


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。