【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


ジェイコブス・ラダー

 ■アメリカ ■1990年 ■ホラー
監督:エイドリアン・ライン
出演: ティム・ロビンス
平均評価《14件中》★★★★(4.2/5)
投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
からくち
2001年06月03日(日) 16時10分
★★★★☆
最後はビックリ!
テキサス
2001年06月19日(火) 13時29分
★★★★★
なんて、不思議な映画でもよかった。
ムアディブ
2001年08月17日(金) 12時50分
★★★
ジャンル「ホラー」はどうかと思うけど。
夢オチ?
「ジョニーは戦場に行った」?
マコーレーカルキン。
77式
2001年10月27日(土) 07時59分
★★★★★
3回みました(笑
大好きな映画です。
DVDで売ってるらしいので
探し出して買います。
ジェイコブ・嫌ダー
2001年12月20日(木) 01時35分
★★★☆
人間、死にそうになった時、人生の記憶が走馬灯のようにうかびあがるっていうけど、まさにそれを具現化した作品ですね。
ライン監督の映像美に今宵も乾杯
Nob
2002年01月14日(月) 20時15分
★☆
こけおどしのショットの羅列に夢オチ。最後まで見せる手腕はさすがだが、全体としては凡作。一回見れば充分。
T.Gilliam
2002年03月11日(月) 12時26分
★★★★★
「こけおどしのショットの羅列に夢オチ。...一回見れば充分」→そうかなぁ?それはちょっと厳しすぎるのではありませんか。

公開当時日本の評論家には「単なるトリップ映画」と散々な評でしたが、この映画には無為な命を生き長らえさせることが悪魔の魂胆であり、そのような日常こそが地獄であるというキリスト教的な明確なメッセージがあるように思うのですが。タイトルも闇の中に天上からさしこむ一筋の光明を意味する『ジェイコブス・ラダー』だし、幼くして死んだ息子の名前もガブリエルだし、聖書にちなんだ名前が頻出するし...

そういう意味では、ティム・ロビンスは単に戦争で犬死したのではなく、ちゃんと魂の救済を得て無事に天国に召されたわけです(ラスト近くで死んだ息子=ガブリエルに手を引かれて階段を上っていくでしょう)。こういう映画はキリスト教文化と無縁の日本では簡単には理解してもらえないでしょうが、私は知的に洗練されたいい映画だと思います。
あほくさ
2002年03月14日(木) 05時29分
★★★★★
ティム・ロビンス、知的だしもろタイプです。メガネがインテリっぽくよかった。難をいえば、ちょっと背が高すぎるのよね。この映画には直接関係ないけど、ティム・ロビンスの『エリック・ザ・バイキング』って映画ありましたよね、関根勤さんが出ているやつ。モンティパイソン風で気に入ってたんだけどDVDにもなってないみたいだしレンタル屋にいっても見当たらなくって、もう一度見たいなぁ。
nob
2002年03月18日(月) 23時52分
★☆
T.Gilliamさま。
私の場合、もう一度観たいと思わせるかどうか、というのが評価する上で重要な要素になってるんですが、これに関してはそれがまったくないんです。
見てる間はそれなりに楽しめはしますが、観終われば簡単に心から消えてしまいます。文化的背景の有無に依存しなければ評価の定まらない作品を、私は日本に住む映画ファンとしては、知的とは思わないし、認められません。
きこり
2002年09月01日(日) 11時44分
★★★★★
学生時代から換算すると、十回以上は観ています。
Myベストの映画。

他の方達の「文化的背景が必要」という意見には反対です。
むしろこれは、モチーフを得てはいるものの、非キリスト的。
(シナリオはあの「ゴースト」の人ですね)
”魂の救済”は洋の東西を問わないテーマなのでは。

オチがわかっていても、何度も観てしまう。
自分にとってはそういう作品です。

きこり
2002年09月20日(金) 01時42分
★★★★★
ただ、最後の陸軍うんちゃら〜のテロップだけは
頂けない。蛇足。
jung
2003年03月22日(土) 15時46分
★★★★★
十年ぶりにまた見たのだけれど、やっぱり面白かった。最近では「ドニーダーコ」と言う映画があったけれど、基本的な筋立ては非常に似ている。主人公が死んでいるだけに現実での意識部分に手が届かないという切なさが何とももどかしい。そこらが見るものにある面空想を強制する。その強制が個人的には興味をそそられる部分。
jung
2003年03月22日(土) 15時47分
★★★★★
十年ぶりにまた見たのだけれど、やっぱり面白かった。最近では「ドニーダーコ」と言う映画があったけれど、基本的な筋立ては非常に似ている。主人公が死んでいるだけに現実での意識部分に手が届かないという切なさが何とももどかしい。そこらが見るものにある面空想を強制する。その強制が個人的には興味をそそられる部分。
うすまゆ星人
2003年09月08日(月) 18時01分
★★★★☆
やはり10年位前に見たのですがイマイチ記憶がおぼろげなので
借りてみました。

外国を長く旅していたり、海外駐在しているときによく自宅に
帰っている夢をみました。別に日本が恋しいわけではなかった
はずなのに、朝起きると涙がでていました。

今ある幸せな暮らしってなんでしょうか?
はかないものなんじゃないかな、ってときどきそんなこと考えます。

話しの筋とは関係ないけど9月11日のテロで崩壊した
貿易センタービルが映ったニューヨークが懐かしかった。


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。