【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


パール・ハーバー

PEARL HARBOR ■アメリカ ■2001年 ■戦争 /ドラマ
日本公開日:2001/7/14 
監督:マイケル・ベイ
製作:マイケル・ベイ / ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:スコット・ガーデンアワー
脚本:ディック・クレメント / イアン・ラ・フレネ / ランドール・ウォレス
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:ハンス・ジマー
出演: ベン・アフレック / アレック・ボールドウィン / ケイト・ベッキンセール / ダン・エイクロイド / キューバ・グッディング・Jr / ジョシュ・ハートネット / トマス・アラナ / コルム・フィオール / ピーター・ファース / ジェニファー・ガーナー / ベス・グラント / デビッド・カウフマン / マコ / トム・サイズモア / ジョン・ボイト
1941年。兄弟のように固い絆で結ばれた若者レイフとダニー。レイフは恋人イヴリンをダニーに託し、ヨーロッパの戦地へと向かう。やがて、軍からハワイ転属命令を受けたダニーとイヴリンのもとにレイフ戦死の報が届く。二人は互いの心の傷を癒すべく支えあい、いつしか結ばれる。しかし、戦況が逼迫し始めた12月6日、イヴリンの目の前に死んだはずのレイフが現われた……。
平均評価《64件中》★★☆(2.35/5)
投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
コアラ
2001年07月20日(金) 22時29分
★★★★☆
雑誌などでボロボロに言われまくってましたね^_^;
だから全然期待せずに行ってきました。
…が、面白かったですよ!
真珠湾攻撃の歴史的背景をよく知らないからかもしれませんけど。
実際に戦争に行った日本人は、この映画を見て激怒したらしいですし。
戦闘シーンはドキドキしちゃいました!
席はど真ん中だったのですごい迫力。
粉々になった戦闘機が飛んでくるシーンではちょっとよけました(笑)
今真珠湾に攻撃に行こうとしてる日本兵が「Ran away!!」と
子供たちに言うシーンはジーンとしちゃいました。
実際にあったことらしいですね。
あと沈没しかかっている船に閉じ込められたアメリカ兵が、
レイフの手を握ったまま息絶えてしまったシーンとか・・・。
レイフ、ダニー、イヴリンの三人とも同情できるキャラクターで
恋愛映画仕立てにしてはネチネチしてなくてよかったなぁ。

この映画でもうひとつ注目したのが、ダニー役のジョシュ・ハートネット!!!
なんていうか・・・「かわいかっこいい」(笑)
ダニーの役にめちゃくちゃハマっている!!
あの目が素敵♪あの目で何か頼まれたら断れないかも(笑)
真珠湾を攻撃されて反撃に行こうとした時にダニーが
戦闘機に乗って「行くぞ!」といった時に、思わず鳥肌がゾワゾワ〜と来てしまいました・・・。
まぎぃぃーー
2001年07月28日(土) 00時50分
★★
クライマックスの真珠湾攻撃のシーンは未だかつてないほどの迫力だったけど、他のシーンは見ててかったるかった。ラブ・ロマンスとしても盛り上がりに欠けるし、1941年12月7日の真珠湾攻撃の前後は取って付けたようなストーリーだし、日本軍の描き方はめちゃくちゃだし…
ミカ
2001年07月30日(月) 01時48分
★★★★
なんてったってジョシュ・ハーネットがよかった。
きよくん
2001年08月01日(水) 17時58分
★★★☆
いちばん心に残ったセリフは、レイフとの別れ際にイブリンがいった「夕日をみるたびにあなたを思い出すわ」。手紙を送り合ってたときに彼女が「太陽から最後の温かさをもらって、あなたに送ります」っていってたのが、このセリフですごく際立った感じがしました。
チェン
2001年08月02日(木) 17時44分
★★★☆
作りは良かったです。皆が逃げ惑うところもリアルで緊張しましたがもし、これを恋愛ストーリーとみたらどうでしょうか。レイフが戦死したと思いお互い慰めあうように恋に落ちたイブリンとダニー。ところがレイフは生きていた。どうして良いか分からないイブリン。結局ダニーの子供を宿ったという事で、ダニーに決めたんですよね。でも、何とダニーが本当に戦死してしまう。帰ってきたのはレイフだけ。何の説明も無しに、子供にダニーとつけるだけで何事も無かったかのように二人で生活始めるの?レイフもダニーが死んだのとイブリンを手に入れられたのではどちらが重要なの?特にイブリンははっきりさせたはずなのにやっぱりレイフなの?二人の男性にとっても失礼です。
ジョシュLove$G#
2001年08月04日(土) 04時47分
★★★★
とにかくジョシュ・ハートネットが...$E&たまりません$GB。内容もよかったと思いますよ。でも、ネットとかの他の人のコメントはほとんどが酷評ばかりで、ちょっと悲しくなってしまいました$Gx。”史実に沿ってなくて、日本をてんで悪者扱い”なんだそうです。確かに、実際戦争に行った人には怒れると思う。けど、若い人。今はもうそういう時代ではないのでは?戦争は決して忘れてはいけないけれど..。もっと大きな目で世界を見られたら、もっとみんな仲良くできるのに..と思います。難しい問題ですけどね。せめて、汚い言葉で罵るのは避けたいなあ..$Gx監督も、歴史の教科書ではなく悪魔でラブストーリーだって言ってることだし。..とりあえず、史実を知るために、目下勉強中です$Gv映画の内容にもどるけれど、ほんと、いいですよ!ラブストーリーとして。私の中ではアルマゲドンの次くらいです。古き良き映画ってかんじで。3時間、熱中してしまいました。そして、一週間で二回見に行きました$GtDVD、当然買いです$G.!!
あーやん
2001年08月07日(火) 14時15分
★★★★★
すっっっごく良かった!!他の掲示板とか見るとすごいけなしててもう怒り爆発でした。この映画は本当に勉強になりました。私は日本人側からしか戦争のこと見たことなかったからアメリカ人もこんな思いしたんだなぁって思いました。ベンアフレックのファンなのでますます楽しめました。最初から最後までずーっと泣いてました。もう1回見てもいい映画ですね。
ジョー
2001年08月14日(火) 21時51分
★★★
 確かに3時間退屈することはなかった。しかし、ラブ・ロマンスと戦争スペクタクルの両方を欲張ったために、相殺されてしまったという感じだ。これはラブ・ロマンスの映画だと割り切ってみればよいのだが、それにしては戦闘シーンが強く長すぎる感じがする。
 戦闘シーンと日本軍の描き方は、30年前の「トラ・トラ・トラ」の方が上だ。これは、「トラ・トラ・トラ」が日米の合作だったからかも知れない。
アーサー王
2001年08月17日(金) 01時03分
★★★★
零戦とかスピットファイアーの勇士にしびれた
でも劇中に流血の表現が一切無いのにちょっとしらけた
赤い彗星
2001年08月21日(火) 18時55分
★☆
タイトルからして真珠湾で終わってほしかったなぁ。
後のお話は余計でしたね。
だから、イブリンもこんがらがったんじゃないでしょうか(笑)
この映画はjハーネットのひとり勝ちです。
りら
2001年08月22日(水) 03時02分
★★★★★
確かに悪くは言われてるけどいい映画だと思いますよ。ジョシュもかっこいいし$GBファンとしては最高です! 日本を悪く言っていると言っても事実ならしかたがないし、映画を見て学ぶのも大切だと思う。それにどっちが悪いとかより戦争そのものが悲しいと感じた。
ゴム長の寝坊
2001年08月22日(水) 15時03分
ちなみに、真珠湾攻撃は奇襲じゃないですよ。>ALL
奇襲攻撃を仕掛けたのはアメリカ政府が先です。
映画のなかにも出てきたでしょ?
「日本軍の潜水艦を撃沈した」って。
あれ、宣戦布告する前だったじゃん。
だから、奇襲。
ホントの奇襲を仕掛けたのはアメリカ側だったのです(笑)

奇襲奇襲って言われてますけど、
時の大統領ルーズベルトは結構前にこの作戦の存在を知っていますし、
高くていい軍艦、作戦に必要な人材は真珠湾から避難させています。
世論に第二次世界大戦に参加することを許させるために
奇襲攻撃だったかのようにしたのです。


史実に基づく。
ブラックこーひー
2001年09月05日(水) 17時06分
★★★★★
なんたって、ジョシュ・ハーネットが一番。もーかっこよすぎ・・・
マジほれた。
内容は、私的に面白かった。とゆーかこわい・・・。なんかほかの
ホームページではぼろぼろに言われて怒りMAXだったんだけど、
わかっている人はわかっていらっしゃる・・・。
こーゆー映画こそ、いまのわたしたちがみなくちゃいけないモノ。
パール・ハーバーを批判するひとたち。目薬でもさしてよーーーーー
ーーーーーーーーーーーくジョシュ・ハーネットみろ。
ジョシュっこ
2001年09月09日(日) 20時26分
★★★★★
もう、泣ける泣ける捧ォ迫力もあって、ストーリーも最高ゥなんといってもダニーかっこよすぎ茸茸
B回も見に行っちゃった
ジョシュ
2001年09月09日(日) 20時36分
★★★★★
もう、最高最高ゥ今までで一番はまったリです
とにかく、ストーリーもおもしろいし、迫力あるし、感動感動やし抱ジョシュかっこよすぎ曹烽、、ほれてしまった
あん
2001年09月10日(月) 12時10分
歴史ドキュメントなのかフィクションなのか
史実にはあっていないし、作り話としてはイマイチ
ラブストーリーもとってつけたようでがっかり
これってアメリカ人vs日本で地球人vs宇宙人をやってる感じなのかな
日本人としてはやっぱり好きになれない。
大作っていうか長すぎで間延びした間も否めない。
褒めている人はジョシュがいいって評価がほとんどなのも気になるところ。
名優を使った駄作
戦争好きっ子
2001年09月20日(木) 02時11分
★★★
真珠湾攻撃におけるアメリカの落ち度が一切描かれてない。
日本軍が100%悪いみたいで嫌だ

トラトラトラ!の方が断然いい。
ysp
2001年09月26日(水) 21時30分
★★
けしてよい評価は出来ない、イブリンの悪人ぶりにはちょっとひいた
大作といえば大作だが、大作であるならば面白くして欲しい。
まあ、私の場合は戦闘シーンを見に行ったので、あまりちゃんと見てなかったかもしれない。客を引き付ける要素にかける。
こんな作品にキューバを出さないで欲しい。
ていうか、ドリーミラーのシーンある意味が無い
艦長が死んでも別になぁ・・・。
それにしてもイブリンの悪女ぶりは許せん
駄作
2001年09月30日(日) 07時33分
この映画って本国でヒットしなかったんだよねぇ。
でもって少しでも制作費回収するために
「鬼畜な日本」のシーンはカットして日本公開・・・。
チープでもラブストーリー入ってれゃJAPはありがたがって
見るだろうって戦略にマンマとハマってる人、不憫だね。
日本人であることに誇りを持とうよ。

2001年09月30日(日) 08時04分
東京・丸の内プラゼールのレイトショーで鑑賞したのだが、レディースデー(やたら混む)だというのに10人程度の観客という貸し切り状態。

おかげでこの人気作を、あの巨大な劇場のど真ん中に座り、一人占め気分で独占できた。この劇場は、画質、画面の大きさ、音響、そして音量の大きさ、どれも満足いくものなので、このレイトショーはおすすめである。

さて、作品であるが、3時間以上という超大作である。実際、普通の映画2本分くらいの見せ場は楽にある。長さはそれほど感じない。

マイケル・ベイ監督は、この映画で大変に美しい、芸術的なまでの映像作りに成功している。演出も素晴らしい。

戦闘シーンは、満点を付けたいほどの迫力があるもので、音響、演出、特殊効果、どれも完璧に近い。

パールハーバーの奇襲の場面を見るだけで、入場料分のもとは取れる。映画はここまで進歩したか、という気持ちになれる事間違いない。

音楽も非常にいい。重厚だし、テーマも一貫している。

演出面では、カットの切り替えごとに音量を変化させたり、ピントをぼかしたり、露出オーバー気味にしたりと、さりげなくも凝ったものが効果的に使われる。

戦闘中の診療所内のシーンなどでは、口紅、落としたカンシ、コーラビンなどといった小道具が、突然の奇襲の残酷さ、恐ろしさを上手く表現している。このようなアイデアに溢れた場面はほかにもたくさんある。(ご覧になればよくわかるであろう)

ここまで読めば、文句なしのようであるが、ではなぜレビュー得点が低いのか?

それはつまり、ストーリーがベタベタのベッタベタだからなのである。

意外性はゼロ。こんな脚本なら私でも書けるであろう。いや、高校生でも思いつくレベルである。

まあ、それをいうならハリウッド娯楽作品はおおむねそうなのだが、それにしてもこのストーリーはひどい。

また、日本語をしゃべる人々が敵役であり、彼らをののしり、やっつけ、最後に雄たけびを上げるという展開そのものが、やはり日本人が見て気分のいいものではなかった。

しかも、戦争そのものに対する普遍的なテーマを追っているわけでもなく、たんなるアメリカ軍万歳映画として仕上げてしまっているのにもあきれる。

10年くらい前までならそれでもよかったかもしれないが、この2001年に、ある特定の実在する国を敵視した娯楽映画を、世界に配給されるハリウッドが作るというのはいかがなものか。

これを観たら、アメリカ人にだって、気分の悪くなる人は居るであろう。こういうものは誰もが楽しめるものではないから、『インディペンデンス・デイ』や『スターゲイト』のように、”誰が見ても楽しめる”敵役を設定した娯楽作品が最近は主流なのだ。

『ロッキー4』や『ランボー3』が喜ばれる時代は終わったのだ。『パール・ハーバー』をみると、これらの映画を観た、当時のソビエト人の気持ちが(遅れ馳せながらも)わかるというものである。

字幕版では、日本人に配慮して、私たちが気分を害するようなセリフは修正しているそうであるが、そもそもそういう映画をいまさら作る事に疑問を感じてしまうのである。

なお、相変わらず日本人の描き方は、「なんじゃこれ」と苦笑してしまうようなものがある。わざとじゃないのか、あれ?
リリ
2001年10月01日(月) 02時45分
★★★
んーと。史実に基づいてないことにみんな怒ってるけど実際そういうことしたんだから大袈裟に書かれて当然よ。ばかみたいにけなしまくるのはちょっと筋違い。でもストーリーの方…と言うかキャラだけど男二人は魅力的な感じだったけどヒロインがちょっと不誠実でいい気分になれなかった。キューバやジョシュはいい役者さんだと思う。
ジョシュ茶宴uッ捧
2001年10月09日(火) 18時50分
★★★★★
私が映画を見た中でパール・ハーバーが一番よかったし、感動したっ傚ォ最後のエンディングが流れてる時なんて涙が止まらなかったっ傚訂浮サれに、ジョシュ・ハートネットが何よりカッコ良すぎるっッ曹烽、っ、たまらないぐらいカッコ良かったぁー訂捧
パイン
2001年10月22日(月) 00時04分
★★★★
真珠湾で攻撃食らったぐらいのところで終わるようなストーリーにすりゃよかったのに。というかヒロインがらみの話を除けばかなりいい線いってるんやけどなあ。
まあでも、そんなにボロクソに言うほどでもないと思うよ。
いまいちな部分もあるけど、良い部分もいっぱいある映画やし。
りゅう
2001年11月07日(水) 00時11分
★★★★
リアルマゲドンよりは史実に近い描写汾争でも人を愛する窒アとは美なんだ
ONE
2001年11月10日(土) 17時28分
★★☆
前半のチープなラブストーリーはいらないね。
攻撃のシーンは面白かった。
以上。
さくじ
2001年11月22日(木) 23時32分
不愉快だからこの映画見に行かなかったのですが、予告編と筋書き解説で良子ちゃんにしましたが。
無差別な東京大空襲遺憾なことだよね。アメリカの正義の押し付け映画まできちゃおしまいだよね。
日本で上映して欲しくないよな。
ルパ
2001年12月03日(月) 20時18分
★★
鬼の形相で原爆投下まで描いてたら、4点上げてた。
DR.REDUX
2001年12月12日(水) 05時07分
★★★
愛と友情と、ほんのチョットの誤解で贈る歴史完全ムシの戦争大作☆ 見所は40分ブッ通しの真珠湾攻撃シ-ンのみ!!!後は見なくてよろしいセッセと働く看護婦らの風俗並のハデさとケバさったらない!! そりゃねぇだろ!!!な日本の描写は一見の価値アリ!?
maru
2002年01月04日(金) 00時27分
★★★★
上演のタイミングがハワイでの事故と重なっていたので、ちょっとどうかな、と思って今になってやっと見たクチです。
戦争映画として、描写としてはかなり良いものだと思います。
ゼロ、99式、97式、P40、スピット、みんな良い出来だったと思います。
艦船はちょっと・・・まぁ仕方ないですね。
アメリカにしてみれば、東京空襲はそれまでの戦いからの転機として外せないものだったのでしょう。
(日本側から見ればミッドウェーですけど)
日本が悪者悪者って言いますが、まぁカットされたものを見たとはいえ、かなり配慮された作りになっていたと思います。
これを問題にするなら対ドイツ関係の戦争映画や、レッドダウンなどの対ソ連の映画なんてどうなるんでしょう。
当然正義なんて各々持ち合わせているもので、思っていたより不快感の少ない映画だったというのが僕の印象です。
結局この映画はラブロマンスだったのか、ちょっとあいまいな作りでしたが、その観点でも悪くなかったと思います。
複雑な3人の関係、特に一度は諦めた想いの行方など、難しいところをあえて挑んでいますね。

(中途半端な)戦争映画好きとしては、P40がゼロ戦3機に食いつかれて無事でいられるわけねーだろ、とつっこみ入れましたが、まぁアメリカ映画ですから、これも良しとしましょう(笑)
成実
2002年01月07日(月) 13時35分
★★
期待を見事に裏切ってくれた作品。真珠湾攻撃は時代考証をしっかりやらないと・・・。とくに日本軍人はストレートに描いてほしかった。もう残念無念の一言につきる。
日本の映画会社のみなさまに提言!日本人だけの真珠湾攻撃の映画できませんか?
Nob
2002年01月14日(月) 21時34分
こういう大事な歴史的事件を素材に扱うには、デリカシーに欠けるスタッフだ。どうせなら、もっとバカやったほうが潔いな。
P40
2002年01月27日(日) 12時49分
★★★★☆
感動した。DVDで見たけど映画館で見るほうがよかった
ジャック
2002年02月01日(金) 19時56分
★★★★★
感動の一言だ。
ちかげ
2002年02月06日(水) 16時00分
★★
むかつくのでラブストーリーだと思う事にしました。パールハーバーがどうって感じはしないし、見ていてイライラしました。
日本軍の描き方、ほとんど知識のない私でもむかつく以上に笑える。
これを「今年の最高傑作」と言っていたうちの兄が信じられない。
恋愛なら‥?歴史的事実からは、ブー!!
2002年02月20日(水) 09時53分
★★
や〜 皆さんやはり、この映画は初めから色々話題にされただけ色んな観かたありますね〜 はっきりいって歴史を知っている人なら、辛口でしょう! また知らない人は、まんまと監督のマイケル・ベイに乗せられましたね!そしてアメリカに‥ 歴史が絡む映画は歴史を知らないと真実が、ゆがめられてしまう。今の人は特に日本人は歴史にうとい! その点アメリカ他国の若者は、日本人より知っている!
愛国心がないんだよね〜 (愛国心って言うと直ぐ右翼と結び付けるバカがいるが、そうじゃない! 俺たちは日本人だ!って胸を張る事!)アメリカは、この真珠湾攻撃でいまだに日本に対して屈辱を持っているからこういった恋愛映画にごまかして作っているんだな〜
アメリカは、この攻撃以来これからもず〜〜〜と‥
【リメンバーパールハーバー】として忘れない国だからまともに、この映画を観たんじゃ日本人として恥じ! だだの恋愛映画としてならいいけど、監督のマイケル・ベイは完全に日本に対して日本人に対して喧嘩うってるね!それとも歴史を知らないのか! 戦争の始め方を日本は、手続き上色々あったんだが、日本がアメリカに対して戦争するには、あの誰も思い付かない戦法を(山本五十六が考えた!)使うしかなかった!それに真珠湾攻撃は実は既にアメリカは知っていたんだな〜 わざと日本にやらせたんだよ! でもあの攻撃で【眠っていた巨人を起こしてしまった】そして【アメリカの民族性にも打撃を与えてしまった】 日本はチャント計算していたんだな〜戦力では勝てない、だから民衆に訴えるやりかたにしようとしていたんだよ! 今までの日本の戦争は全面的に勝った事は無いんだよ!必ず世界を見方にした勝利なんだよ! 真珠湾はそこをミスった!  今も昔もアメリカは汚い国なの!民主主義唱えて一番民主主義やってないのがアメリカだから! それに唯一世界で本土を攻撃されてないのはアメリカだから痛みを分かってないただのワガママ子供なんだよ! そういった歴史背景知った上で学んで、もう一度この映画をみると、ふざけたアメリカ(イギリスの移民達、アメリカ人って人種いませんよ!)よりの映画だって思う映画です。 これを観るならアメリカと日本の合作映画【トラトラトラ】東宝の【連合艦隊】【ミッドウェイ】を観てからまた見て下さい。こっちの方がまだ歴史に忠実です。
それにあの時期の世界最新!最強!最速の零戦があんなに打ち落とされるのもおかしな映画だよ!
でも何で南雲長官は第2次攻撃隊出撃させなかったんだよ〜!戦況が少しは変わっていたのに‥ それと日本は零戦で奇襲かけて勝利してこれからは航空機主体の戦争だって世界に知らしめたのに、戦艦なんぞにこだわって〜バカな日本の軍部だよ!あわてて戦艦に鉄板ひいて空母創ったって遅すぎた!

こんな事書いているけど、俺は絶対戦争反対!でも戦争、歴史映画は、色々歴史から学ぶものが多い!
日本映画業界もくだらない映画ばっか作ってないで意味ある映画つくってよ! 吉田満作【戦艦大和の最期】いい題材あるんだからさ〜
「何で俺たちは死にに行かなくてはいけないのか‥ 死ぬ意味‥」
「日本は、日本人は、一度死なないと目覚めない俺達が死んで新たな日本を築くさきがけに‥」 これは凄い本です。漢字とカタカナだけど‥ 好きな人なら一生の本になりますよ!

この映画は恋愛と映像技術で観るなら★★★半
歴史的観点からみれば‥‥‥(~ヘ~;)ウーン
★4つも5つも評価した人上記の日本映画見てからこのパールパーバー観るとまた違った意味で面白いよ!
kina
2002年02月21日(木) 14時11分
だらだらしすぎ。
そのせいで気持ち悪くなって席を立とうかと思った。
戦闘シーンでちょっと元気が出たけど、
そのあと長すぎ。しかもまた、だらだら。
早く終わってほしいと思ったはじめての映画。
どうしてもアメリカには勝って終わってほしいのか?
そんなこと考えてるから真珠湾襲撃の悲愴が後に残らないんだ。
ふせいぬ(FUSEGism)
2002年02月22日(金) 21時04分
★☆
「あらためて知るアメリカの戦争認識―映画『パールハーバー』より―」

これは、自身のHPの日記の感想です。

『パールハーバー』を見る。最近戦争モノのが多いような気がするが

 とても大ヒットした映画なので、少しの期待を持ちつつ、鑑賞した。真珠湾のセットや、空母上のゼロ戦の発鑑シーンなど、戦闘シーンもよく出来ていた。しかし、全体の構成に関しては「?」と思うコトが多かった。あくまで「戦争を描いて」という側面に関してだが。
 「強いプロバガンダ性」と「一面性」を強く持った作品だったからだ。とにかく「アメリカ」という言葉がよく字幕に出てきた。まるで、2001年最後の時期のブッシュ大統領の演説のようだ。最終部分にはそれこそアメリカの国威宣揚的な解説が続く。まあ、見てる本人が日本人だからしょうがないのかもしれないけど。
 まず、作品の要所要所にはフランクリン・ルーズベルト大統領が登場する。しかし、そこには対日外交に関して巧妙な策略を擁すルーズベルトの姿はなく(「日本に先に銃を撃たせるんだ。西部劇のガンマンの様に、先に鉄砲を撃った方が悪者に決まってる」と発言したというそのルーズベルトはココには全く登場しない)、ルーズベルトは、真珠湾の攻撃を「寝耳に水」と言ったように聞き、失意し、憤激を込め、そして演説をする「日本の卑劣な攻撃に」と。そしてそれは当然としてこの作品中で受容されてしまう。「これが事実です」というように。
 この映画がアメリカで受け入れられるということは、いかにアメリカの太平洋戦争開戦の見方が、開戦のその当初と変わっていないか(宣戦布告を告げる日本大使が、12月8日にルーズベルトに会おうとしても、ルーズベルトは故意に面会謝絶をして、その後真珠湾攻撃があったという事実は全く視聴者にしらされないまま)、ということを如実に示しているのだろうか。ルーズベルトはただ『足を痛めた「勇ましい」老人』として登場する。
 作品の最終部分は、ドゥーリットルの東京爆撃のシーンが登場する。東京爆撃は、戦局上、重要な分水嶺となったことは有名だが、東京爆撃の爆撃機B21の爆弾に、ある兵士が゛日本が戦争前に贈った勲章”を爆弾に括りつける。「日本の偽りの友情を返す」(そのときの友情にはウソは無いと思うのだが…)と言いつつ、人物は勲章を爆撃機の爆弾に括りつける。
 その事実自体は、なるほどなあと思うが、しかし、それが、映画の情感に訴えるシーンとして、脚色されていた。・・・まるで感動的。

 この映画の全体を、そのような側面で見ると、以前に無いほど、「プロバガンダ性」が強い(そしてきっとアメリカ人の多数はこのことに無自覚なのかもしれない)。最近のアメリカ映画に多いような気がする。―――アメリカ国旗を前面に出した作品だ。
 別に、それ自体は有る程度の知識と見識があれ人であれば、「これは本当はこうじゃない」「この見方は偏ってる」と見る視点を持てるが、そうでない人が受ける影響は大きい。この作品がいわば「真珠湾攻撃の真実」として先入観としてその人の知識にドカッと腰を据えてしまうのだから(別に日本を擁護するわけでは決して無い)。 先入観を取り去るというのは容易な事ではない。自己批判の精神を持たないといけない。―――戦争映画の描きずらい側面はここにある。娯楽として捉えるなら、娯楽的な面を強くさせてしまうほうがまだいい。

 恋愛ものと戦争もの、両方を描くのは難しいんだな。と感じた。

 友人が、「日本軍が野外で作戦会議をするシーンが有る」って言っていたので、見てみた。なるほど。日本海軍軍令部の面々が、ガキがたこを揚げている中で陣幕を張った程度の中で作戦会議をしていた。戦国時代じゃあるまいし・・・。この一シーンが 『パールハーバー』の歴史意識と歴史考証のレヴェルを物語っている。
 映像レヴェルはすごく良かった。真珠湾攻撃の映像を描いた作品としては一番であろうと思う。

しょうじ
2002年02月23日(土) 17時23分
全然ダメ。あんな頭悪そうな看護婦達いないよ。
当時の看護兵の方々をバカにしているとしか思えない。
零式艦上戦闘機の正面衝突のシーンなんて、ありっこない。
初戦の日本軍のパイロットにあんなドジ踏むものがいるものか!
ラブストーリーとしてもチープだし、戦争映画としてもウソ多し。
スピットファイア
2002年03月16日(土) 09時14分
時代考証がまるでなっていない。金ばかりかかっている典型的なハリウッド映画
シャラ
2002年04月04日(木) 15時46分
ジョシュに一票!!
ショボイ作りだな〜と関心!(笑)最後の方で言ってた「アメリカは強くなった…。」やっぱりアメリカNo.1!!ってかんじですかね。
かなり女に都合よく出来てる映画だなと思わない?
最終的には好きな人と一緒にいられて、子供は違う人の子だけど愛されて、人生はそんなに甘くないぞ!!一人で育てろ!!馬鹿者!!
戦争も迫力はないし恋愛はありえないし、唯一正解したのはジョシュ・ハートネットをつかったことだね。
$GPいりえっち$GP
2002年06月09日(日) 13時35分
★★★★★
“パール・ハーバー”は ジョシュ・ハートネットでできてるってカンジ$FV カッコイイシしー、演技うまいし$G--
SHO
2002年06月11日(火) 22時21分
★★★★
ちょっとだらだらと長かったけど、良かった。感動した。
はる
2002年08月25日(日) 22時53分
★☆
疲れた これが素直な感想
長い中にどうでもいい恋愛を入れたら何でも許される?
ちょっと半端な恋愛に依存した映画かな

ただ、戦闘シーンは圧巻 これだけは見てよかったと思いました
こじろう
2002年10月06日(日) 03時06分
★★★
この作品を「おもしろかった」というには勇気がいる。まともな映画愛好家の集まりでそんなことを言おうものなら、人格を疑われかねない。でも、やっぱり「おもしろかった」(笑)
名作、だなんて口が裂けてもいわないけれど、好きなんですよね、この手のトンデモ映画。「ライジング・サン」とか、アヤシイ日本人が出てくるとわくわくするタチなので……
マイケル・ベイ監督、大好きなトンデモ監督だし、音楽はハンス・ジマーだし、というツボつきまくり映画。「ザ・ロック」のようなアツイ映画を期待していたので少し期待はずれだったけど。

ところでよく「トラ・トラ・トラ!」と比較されますが、そもそもザナックが黒澤に取らせるつもりで企画された(結局、舛田利雄&深作欽二に落ち着いた)「トラ・トラ・トラ!」と比べて「日本人描写が云々」と言うてもしょうがない気がするんですが……。日本人が撮って日本人描写がおかしかったらシャレにならない(^^;)だいたい舛田利雄だってけっこうトンデモ監督だし(褒め言葉)。

歴史は歴史として知っておくべきですが、日本人だってイスラムやアフリカ、アジアに対してかなりいい加減な知識をもっているので、この手の映画はいい反面教師になるかも。

追記:上で紹介されていた「戦艦大和の最後」は確かビデオ屋で見かけた気がします。勘違いだったらすみません。
馬っ子娘。
2002年10月17日(木) 20時56分
★★★★☆
この映画はあんまり入り込まないで鑑賞したほうがいいと思う。ドラマ感覚で見るのがオススメかと思われます★私は普通に面白いと思った。
ルパン三瓶
2002年12月27日(金) 11時32分
真珠湾攻撃シーン以外、全部無視。
イブリンむかつくわ。見てて殴りたくなってきた。
史実とは全然違うとこもあるし、マイケル・ベイさん。もっと歴史を勉強しなさい。
ドドンパ
2003年01月01日(水) 12時48分
★★
日本軍の将軍役やったマゴさんはさぞかし不愉快だったでしょう。ん?ザ・ロックと同じ監督? う〜ん。出来が違いすぎる・・・
亀さん
2003年01月12日(日) 23時50分
……「金をかけたジョーク」としか言えない出来ですね。
高い評価してる奴って、一体何観てんの? 出演者の顔しかみてないんじゃない?
ゴリ
2003年01月15日(水) 21時24分
ウンコ
メロディーヌ
2003年01月31日(金) 19時59分
4分弱でストーリー話せるっちゅうねん。
みあ
2003年03月10日(月) 02時05分
★★☆
浮気はダメでしょう!!
まろん
2003年03月10日(月) 19時23分
★☆
戦争映画にくどい愛はいらね〜だろ。
プンスカ
2003年03月26日(水) 23時11分
こりゃ〜ひどかった。とんでもない。駄作映画とはこういう作品をいうのだと逆に感心した。いかにも「アメリカ映画」といったかんじで、途中から結末が分かってしまった。みなさん「Band of Brother」は最高です。
戦争映画大好き
2003年06月19日(木) 15時01分
典型的なアメリカ映画。ブラックホークダウンを見習いなさい!
ミニミー
2003年08月08日(金) 01時37分
監督が未熟。「アルマゲドン」で成功したからって調子に乗りすぎ。アメリカ人がみれば、まぁーましに写るだろう。日本人は見ないほうがいい。特に真珠湾奇襲攻撃に詳しい人。
くるみ
2003年08月13日(水) 16時47分
★★★★
かなり批判の声がありますが私的には好きな作品です。確かに日本に対して誤解を招く表現もあるけれど、ラブストーリーとして見ればいけると思います。特に私はこの映画でジョシュに出会えてすごくうれしかった。これを見て以来大ファンです!!ブラックホークダウンもおすすめ!!ベンアフレックもアルマゲドンからのファンです!!キャストに救われた部分もあるかも知れませんね・・・。
反ベイ
2003年09月02日(火) 17時05分
ただの二股正当化の映画。
戦闘機も爆撃機も自由に操れる(!?)、100万人に1人くらいの天才兵士が主人公。戦闘機も爆撃機もって、いったいお前は陸軍か海軍かハッキリしろ!
日本人のくせに日本語もロクに話せない、日本軍が登場。会議は、まさに幕末の青空会議。しかも、フンドシ姿の将校(?)が、プールに浮かべた軍艦の模型を竹ざおで動かしている。その横には、ヤシの木が立っている。……え、沖縄!?

真珠湾奇襲の朝には、とても早起きの洗濯ネーチャンの上を飛び、異例の早朝リトルリーグ野球会場の上を飛び……軍事施設は後回しに民間人を機銃掃射。(なぜ民間人は教会に行っていないの? キリスト教じゃないのか?)
しかも、よく見たらゼロ戦が緑色……。へえ〜。この頃から緑だったんだ〜。(皮肉)
事故を覚悟で、艦船の間を猛スピードで飛ぶゼロ戦……。しかも、なぜか米軍の下級兵士にまで、ゼロ戦の性能を知られているし…。
とにかく、面白けりゃ史実を平気でネジ曲げるマイケル・ベイには脱帽です。しかも彼は、自分のホームページで

「これは反日映画なのに、“これはラブ・ロマンスです”って言ったら喜んで公開してやがる。まったく日本人は馬鹿だな」

とか言っている……。この映画に喜んで協力するディズニーにも失望した。
もうマイケル・ベイには期待しない。
海運
2003年10月05日(日) 10時21分
この映画を見て感動するバカな日本人は本当に心から
かわいそうに思いますね。ここにコメント入れてる半分以上の方々は
「トラトラトラ」を見ていないし、真珠湾がどこの島にあるかもわからんような低脳なオバカサン 笑
恋愛映画としても戦争映画としても5級の糞映画を
作ってくれてマイケル・ベイに心からサンキューベリーマッチ。
ファントム無頼
2003年10月16日(木) 02時55分
人それぞれだが、私の感想は
「金返せ!!」
フェイス・ヒルの歌う主題歌だけは良かったと思う。
シーホーク
2004年12月26日(日) 01時35分
アルマゲドンで大成功したベイ監督。真珠湾攻撃を舞台とした映画を造った事には少しショックでした。アメリカが造るんだから日本は悪役ですからね。まぁ戦争映画って造る側が正義になっちゃうけど。いそろく殿役の大ベテラン?の役者さんはOK。何とか二世だったかな?何ですか、あとの日本軍側は中国人ですか?(嗤)起用してる役者達はOKですがストーリーに失望。完璧、日本をバカにしてます。ま、戦時なら未だしも…反日映画なのだから公開を控えるべきではと思いました。ブラックホークやアルマゲを手懸けた天才ブラッカイマーなのに…ダニーの最後は涙‥昔の事は忘れろレイフ‥貴方が最終的に愛するのはダニーなのでは?イブリン
キャンベル
2004年12月26日(日) 12時22分
つーか…これ観たアメリカ人はさぞ日本人に頭きただろうね・・・俳優たちも日本は悪い国みたいに思わされたはず。真珠湾をステージにしなくとも戦争恋愛映画は造れたのでは?そこまでして人気をとりたいかアホ監督。史実を伝えたい・・・はぁ?日本人は騙されませんよ?
ちりん
2005年06月22日(水) 00時25分
なぜ当時世界最強の零戦に、アメリカの若造が、性能の低いP40ごときで打ち落とせたのか??
ましてや、零戦にケツに付かれたら、『死』しかないのに…。
ぜひ日本版をみたい。
モロッコ
2006年01月25日(水) 20時23分
う〜ん つまらない 
しげ
2006年01月26日(木) 02時31分
★★
マイケルベイの映画は好きなんだけど、この人は歴史に触れちゃいけないと思う。ルーズベルトって知ってたらしいじゃん。攻撃のこと。それをあんなにかっこよくしちゃって・・・。アホはリメンバーパールハーバーとか言うけど、俺らからしてみればリメンバー広島アンド長崎でしょ。今でも原爆投下は正しいと思ってるアメリカ人は死ね。さて、映画の話だけど、戦闘シーンはすごいと思う。ただ別な映画にその技術を使ってほしかった。恋愛ドラマも思ったよりよかったけど、広島の映画を作ってほしい。


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。