【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


カッコウの巣の上で

 ■アメリカ ■年 ■その他
出演: ジャック・ニコルソン
平均評価《22件中》★★★★☆(4.65/5)
投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
tannji
2001年12月29日(土) 23時37分
★★★★☆
何で、この作品がないんだー!!!ってわけで勝手に登録しました。
すいません。
まさか誰も観てないわけが・・・そんな馬鹿な・・・
なら、観てくれ!今すぐ観てくれ!!!
Nob
2002年01月14日(月) 21時05分
★★★★
言うことなし。
うみ
2002年02月02日(土) 23時41分
★★★★★
若かりし日のクリストファー・ロイドは、やっぱりクリストファー・ロイドってか。
一見の価値アリ。
宗因
2002年02月27日(水) 16時59分
★★★★★
素敵。
無題
2002年03月01日(金) 03時33分
★★★★★
PSWで働いてる人には是非とも見て欲しい!!
T.Gilliam
2002年03月11日(月) 04時27分
★★★★★
制作年 1975年
制作 ソウル・ゼインツ/マイケル・ダグラス
原作 ケン・キージー
脚本 ローレンス・ホーベン、ボー・ゴールドマン
撮影 ハスケル・ウェクスラー
監督 ミロス・フォアマン

主演 ジャック・ニコルソン(R.P.マクマーフィ)
助演 ルイーズ・フレッチャー(ラチェット看護婦)
   ウィリアム・レッドフィールド(ハーディング)
   ダニー・でビート(マーティニ)
アカデミー賞主要5部門受賞(1975年度)

上のような登録ではデータベース的価値がないので、余計なことですが、補完記事です。

クリストファー・ロイドやダニー・デビードが出ていたのは公開当時には気がつきませんでした。この映画でもダニー・デビードは老けていますが、当時は若かったはずで、したがってこれはメイクなんでしょうか。
kiitos
2002年03月19日(火) 03時33分
★★★★★
ジャックニコルソンの演技力にとにかく感嘆しました。
四半世紀前の作品なのに今観ても全然違和感なく、すばらしい。
デニ
2002年03月22日(金) 02時44分
★★★★★
観た後に言葉が出なくなる映画。
「時計仕掛けのオレンジ」とか「アメリカン・ヒストりーX」とか
と同じ様に、泣けばいいのか怒ればいいのか分からなくなる。
強烈な映画です。
俳優よし、脚本よし。素晴らしい。

プロデューサーのマイケル・ダグラスって、俳優の??
ナミ
2002年05月21日(火) 18時11分
★★★★★
つい、さっき見てきました。終わった後しばらく鳥肌が立って動けませんでした。それくらいすごい映画でした。とにかくジャックニコルソンの演技が素晴らしかったです。ぜひたくさんの人に見て欲しいです。
成実
2002年08月28日(水) 14時22分
★★★★★
この作品を観ずして、ニコルソンの演技についてウンチクを語るなかれ。
ひろ暴
2002年09月05日(木) 21時24分
★★★★
こういう重いテーマに真面目に取りくむ映画ってほとんど作られなくなっちゃいましたね。貴重な一本だと思います。
きょうこ
2002年09月25日(水) 13時45分
★★★★★
10年ほど昔に観て つい 先日もう一度観てみました。
やはり いい。10年が過ぎて 私は確実に変わったはずなのに
あの時と同じ感動が 体中に流れました。 まだ観てない人は
絶対に観てみて。
らぶりん
2002年09月29日(日) 23時34分
★★★★★
昔から見たいと思いつつなぜか後回しにしていたけれど、やっぱり凄い、この作品。はじめからグイグイひきこまれジャックニコルソンの演技のドツボにいつのまにかはまり、この1ヶ月で30本の映画を見続けたけど 最後に泣いたのはこの1本だけ。怒りとせつなさが胸いっぱいに広がりました。
シネマにしやがれ
2002年12月21日(土) 01時14分
★★★★★
「精神病者=ヒス」「正常>異常」などという構図は、近代日本でも常に補強されてきた強力な論理ですが、この映画はうまい具合にその固定観念を顛倒させてみせる。そこがやはり素晴らしいです。
病院は悪で、患者はあくまで無垢。婦長の感情のない笑い、ロボトミー、鉄条網…。こういったディテールが、精神病院=監獄の恐ろしさをさらに増幅させています。で、ジャックは鑑賞者の視点の相対化を手助けする役目を担っています。ラストもたいへん印象的。

2003年01月20日(月) 00時19分
★★★★★
ロバーロ・デニーロ
いいですね
チリドッグ
2003年02月05日(水) 22時18分
★★★★☆
映っていないTVに向かって実況しているマックには心打たれたが、そのあとのマックが頭を抱えてうなだれるシーンに変わった瞬間、笑ってしまった。それとチェズウィック・・・反則やね(笑)すごくできた映画。
じゃじゃうま
2003年03月15日(土) 16時33分
★★★★
よくわかりませんでした
kyon
2003年05月13日(火) 11時24分
★★★★☆
とにかくすばらしい!’75年物なのに、色あせていない。
ジャック・ニコルソン最高!!他のキャストもそれぞれいい味がでていて観ていて引き込まれた。とても胸が痛む挿入や、壮絶なラストシーンが忘れられない。
tomi
2003年05月17日(土) 17時31分
★★★★☆
精神病院のあり方も提示したんでしょうが
別に外の社会で暮らしてもいい患者達までが
あえて外界から守られた密室で暮らしてしまう。
これが一番大きなテーマでしょう。
『17才のカルテ』もそうだったと思う。
Kyonさんのおっしゃるように、全く古さを感じさせない。
名作は永遠な〜り (特殊メイクがちと・・)
ゆうき
2003年09月07日(日) 03時40分
★★★★★
精神科の患者さんへの音楽療法を勉強していて、授業中先生にこの映画を教えてもらいました。観て本当に良かったです!明日友達と感想を語りたいです。今観終えたばかりで、ちょっと興奮しています。まだ観ていない方は、ぜひどうぞ☆
hiro
2004年12月03日(金) 06時37分
★★
演技はすごいと思う。けど、精神病院はそんなに甘く無い。結末もありえない。複雑そうで、単純すぎる。結末の後、彼はどうなるのか。。。泣けない。
とっちゃんボーイ
2006年04月01日(土) 16時28分
★★★★★
この映画には感動しました。僕は、精神科に十数年、通院してます。先生も、看護婦さんも良い人ばかりです。でも、この映画に描かれている病院は、僕の通っている病院とそっくりです。入院患者でもある僕の友達たちは、病院の規則を破ることをひどく嫌がります。先生に見捨てられたくないんです。知り合いの何人かは、電気ショック療法を受けてました。映画と違うのは、麻酔で患者が眠ってから電気ショックが始まるということだけです。僕の友達の内の二人は、未来ある青年なのに、自殺してしまいました。映画に描かれている精神病院は、本物より残酷でもなく、甘くもありません。そのままなんです。そして、主人公マクマーフィは映画の中だけにいる人だけど、僕の英雄です。


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。