【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


宇宙からの脱出

MAROONED ■アメリカ ■1969年 ■SF /パニック
上映時間:128分
配給:Colunbia Pictures
監督:ジョン・スタージェス
製作:M・J・フランコビッチ
原作:マーチン・ケイディン
出演: グレゴリー・ペック / リチャード・クレンナ / デビット・ジャンセン / ジェームス・フランシスカ / ジーン・ハックマン / リー・グラント / ナンシー・コバック / マリエット・ハートレイ
アメリカ有人宇宙計画の主任キースは、宇宙船アイアンマン1号が地球に帰ってくるのを待っていた。しかし、大気圏突入の際、逆推進ロケットが故障し、乗組員は宇宙空間の孤児になってしまった。全世界が、とりわけ乗組員の家族が固唾をのんで見守る中、必死の救助作業が実行される。
平均評価《3件中》★★★(3.15/5)
投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
tannji
2002年02月05日(火) 21時12分
★★★☆
最初、映画「アポロ13」はマジでこれのリメイクだと思ってました。
しかし、こちらはアポロ13の事故より約1年前に作られた、まったく架空のお話です。驚きですね。
確かに、見比べれば内容は全然ちがうんですけどね。
架空の話だけあってドラマティックに作られてるから、「アポロ13」を観た時は妙に味気なく感じられました。
まぁ、そう思ったのは私だけだと思いますけど・・・
成実
2002年10月16日(水) 15時19分
★★★☆
投稿が少なかったから・・・。ちょっと上の出演者見てちょうだいナ!錚々たるメンバー!特にハートレイの美しさにはクラクラ〜!男臭〜いおっちゃん連中に華を添えています。内容もよかったし、当時の特撮としてはまあまあの出来ばえ。最近「月面着陸ヤラセ説」が取りだたされていますが、あながち「噂はホンマかも」と思えてしまう。1969年と言えばアポロ11号の月面着陸の年。宇宙空間ではとにかく、酸素獲得との戦いになりますが、緊迫感で観る側が酸欠に陥りそうになる秀作です。
ぱぶれ
2003年05月19日(月) 21時30分
★★☆
私、映画よりも先にマーティン・ケイディンの原作小説を読んだクチですが、この映画の5年後に実施されたスカイラブ計画を一足先にネタに使ったリアルさを買いたいです。ただ、低予算の恨みで映画の印象は最悪ですが....。「2001年..」の翌年であのただ地球儀を撮影しただけの特撮はちょっと...。設定やガジェットが良かっただけに特撮で損している。TVシリーズのスタトレだってもうすこしマシな特撮してましたぜ!。この作品は映画よりも原作小説(ハヤカワ書房/絶版)の方が絶対に面白かったです。
 ただ、当時の特撮技術で一生懸命がんばった無重力の描写だけは誉めておきましょう。


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。