【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


プロフェシー

THE MOTHMAN PROPHECIES ■アメリカ ■2002年 ■ホラー
上映時間:118分
監督:マーク・ペリントン
製作:トム・ローゼンバーグ/ゲアリー・ルッチェシ/ゲイリー・ゴールドステイン
脚本:リチャード・ヘイテム
撮影:フレッド・マーフィー/A.S.C.
音楽:トムアンドアンディ
出演: リチャード・ギア / ローラ・リネイ / ウィル・パットン / ルシンダ・ジェニー / デブラ・メッシング / アラン・ベイツ
 アメリカのとある町で不思議な物体が次々に目撃される。ふわふわした物だったり、巨大なチョウのようだったり、見る人によって形も色も異なる。いつしか“それ”は「モスマン=蛾(が)男」と呼ばれる。そんな折、ワシントン・ポストの敏腕記者ジョン(リチャード・ギア)が、この町に迷い込む。ジョンは妻を交通事故で失っていた。病室で妻は黒いチョウのような絵を何枚も描いていた。そして「あれを見た?」と謎の言葉を残していた。妻が見たものと“それ”は同じものなのか。ジョンは仕事も放り出して調査にあたる。
平均評価《3件中》★★(2/5)
投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
きくりん
2003年03月18日(火) 15時15分
★★
 鑑賞後の正直な感想は「凝り過ぎだよ…」
各所に“ウォーリーを探せ”の如く隠されたナゾ(というかシンボル)を見つけることが目的のようになってしまい、肝心のストーリーが甚だお粗末。
リチャード・ギアはつくづく作品に恵まれない人だと思いました。
『隣人は静かに笑う』は佳作でしたが、この作品は、監督がまだ若く将来が有望視できる人材だということで贔屓目に見ても、やはり凡作は凡作。
どこで怖がらせたいのかも曖昧だし、ストーリーに起伏もない。
唯一、ナゾが解明されるのか否かの期待のみでなんとかラストまで鑑賞しましたが、肝心なことは解らず仕舞い。
実話を基にしているから過剰な演出は抑えてあるだの、モスマンの神秘性を高めるためだの色々憶測はあるでしょうが、僕は「映画」を観に行ったのです。「ドキュメンタリー」を観に行ったわけではありません。
また、『サイン』の時もそうでしたが、鑑賞後にご覧下さい的なチラシ。
作品の陳腐さを補うためにああいう小道具を使うのは本末転倒。
ただ、カメラワークは悪くない。パンよりも焦点移動をメインとしたその撮り方はセンスを感じました。
総じて言えることは、監督自身がやりたい事の焦点が定まってない気がします。
まだ若い監督だし、MTV出身だから映像で色々試してみたくて、で、できた結果がコレです、みたいな。
商業主義、大作主義のハリウッドらしからぬ作品ということで期待していたのですが、作品も小粒なら評価も小粒という残念な結果になってしまいました。
ムアディブ
2003年08月06日(水) 12時56分
★★
ビデオで見てからまだそんなに経ってないのに
結末を忘れてしまった。
ビデオパッケージの思わせぶり以外印象に残らない作品。
ミズメ
2004年01月09日(金) 18時25分
★★
いったい何だったんだ(笑)

数多くの謎を残したまま(笑)

終わっちゃった(笑)


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。