【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


美女と野獣

BEAUTY AND THE BEAST ■アメリカ ■1991年 ■アニメ /ファンタジー
本国公開日:1991/11/22  日本公開日:1992/9  上映時間:90分
配給:ブエナビスタ
監督:ゲイリー・トロースディル / カーク・ワイズ
製作:ドン・ハーン
製作総指揮:ハワード・アシュマン
脚本:リンダ・ワールヴァートン
音楽:アラン・メンケン
声の出演: ペイジ・オハラ / ロビー・ベンソン
作詞を担当したハワード・アシュマンは、この映画の完成を見ることなく、1991年春にエイズで亡くなっています。前作「リトル・マーメード」にも参加した彼の功績を称え、映画のラストでは、「人魚姫に声を与え、野獣に魂を与えた我らの仲間ハワードに、一同は永遠に感謝します」とのタイトルがあらわれます。

こころを信じれば、愛が見える。

アニメーション史上初めてアカデミー賞の最優秀作品賞ノミネートされ、また興行成績においても第一回の公開で1億ドルを突破したディズニーの「美女と野獣」は、ディズニーの伝統的な手法と最先端のアニメーション技術の融合が生んだ愛の傑作です。

ここはフランスの小さな町。森の中の古城にはかつて魔女に呪いをかけられ、野獣に姿を変えられた王子がいました。魔女がおいていった魔法のバラの花びらが散るまでに真実の愛をみつけなければ、永遠に醜い姿でいなければなりません。一方、町に住む美しく夢おおきベルは、ある夜森の中で行方不明になった父親を追って古城に迷い込んでしまいます。そこでベルを迎えたのは、ちょっぴり気取った時計のコグスワース、やさしいポット夫人などの愛くるしいキャラクターたち、そして・・・・・・世にも恐ろしい姿をした野獣だったのです。

主な受賞
第64回アカデミー賞 作品賞(ノミネート)
視覚効果賞(ノミネート)
作曲賞(受賞)
主題歌賞(受賞) BeautyandtheBeast
主題歌賞(ノミネート) BeOurGuest
主題歌賞(ノミネート) Belle
第49回ゴールデン・グローブ賞 作品賞
/ミュージカル・コメディ部門
(受賞)
作曲賞(受賞) アラン・メンケン
歌曲賞(受賞) BEAUTY AND THE BEAST
歌曲賞(ノミネート) BE OUR GUEST

投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。