News
映画『スピード・スクワッド』インタビュー映像&メイキング写真解禁
2019年11月14日
本作は、制御不能のスピード狂である実業家を追う、ひき逃げ専門捜査班の活躍を描いた
犯罪アクション映画元F1レーサーのチョン・ジェチョルが会長を務める巨大企業JCモータース。
本庁内部調査課のシヨンは、ジェチョルと警察庁長官との収賄事件を捜査していた。
しかし、長官の圧力により、シヨンは捜査半ばで交通課のひき逃げ専門捜査班に異動させられてしまう。
チームのメンバーは、シヨンと妊婦のウ係長、そして頼り無い巡査のミンジェだけで、
捜査マニュアルも無い部署だった。しかし、ミンジェの事件に関する洞察力だけは認めざるを得ないものがあった。
そんな中、シヨンは3ヶ月前に起きた未解決ひき逃げ事件の容疑者がジェチョルだと知る。
シヨンは許可も取らずに捜査を進めるが、一方でミンジェも単独で事件を追っていた―。

本作にはエリート警官のシヨンを演じるのは“ラブコメの女王”“視聴率の女王”で活躍したコン・ヒョジン、
ひき逃げ専門捜査班の若手でエース巡査のミンジェは『毒戦 BELIEVER』『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』の
若手No.1実力派俳優リュ・ジュンヨル、そして、韓国初のF1レーサー出身の実業家であり、
制御不能なスピード狂のジェチョルを『EXIT』のチョ・ジョンソクが熱演。3人が白熱した演技合戦を繰り広げる。
さらに、『完璧な他人』のヨム・ジョンア、『名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、
『工作 黒金星と呼ばれた男』のイ・ソンミン等、韓国映画界を代表する豪華キャストが集結!
また本作でアイドルグループSHINeeのキム・キボム(KEY)が映画デビューを果たした。

このたび解禁となったインタビュー映像でチョ・ジョンソクは再共演となるコン・ヒョジンについて
「“嫉妬の化身”で共演したときは、ヒョジンさんと愛し合う関係でしたが、今回は敵対関係なので新鮮です」とコメント。
リュ・ジュンヨルと「彼と共演したかった」と念願の競演だったことを明かし、相性も抜群だったと話している。
今回、映画初出演となったSHINeeのキム・キボム(KEY)について監督は
「彼は多才ですし、映画で見せる表情に興味がありました。」と評価している。
そして監督は「韓国では例を見ない高度なカーアクションです。」と話すカーアクションについては
「車の銅線を見せつつ、俳優の顔も見せたい。クールでアツいシーンに(なった)。」とそのこだわりを明かす。
全国のあらゆる道路で撮影されたカーアクションは
「6車線を封鎖したり、仁川を逆走したりあり得ない状況を可能にした映画です。」と監督は自信を見せ、
ジョンソクは走行を猛練習し、ジュンヨルはオフの日も撮影用の車を運転して、
カーアクションに挑戦。
最後に「リュ・ジュンヨルは「息ぴったりの僕らの3人の演技と魅力が満載です。」とメッセージを寄せている。

映画『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』が12月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー。