Database

プライベート・ライアン (1998)

ドラマ 戦争 歴史
97.2pt 97.2pt
SAVING PRIVATE RYAN

公開日 : 1998/09/26

4.35 (75人)

「史上最大の作戦」ノルマンディー上陸作戦。掩蔽壕の機関銃座から猛烈な銃撃を受けながらもオマハ・ビーチ上陸作戦を生き残った米軍第5軍第2レンジャー大隊C中隊隊長のミラー大尉(トム・ハンクス)の下に、米第7軍第101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊第1大隊B中隊に所属するジェームス・ライアン2等兵(マット・デイモン)をノルマンディー戦線から探し出し無事帰国させよ、という任務が下った。ライアン家の4人兄弟はジェームス以外の3人の兄弟が戦死し、彼が唯一の生存者であった。息子たちの帰国を本国で待つ母親に息子全員の戦死の報せが届くのはあまりに残酷だ。たった一人だけでも生かし、母親の下に息子を返してやりたいという軍上層部の配慮だった。ミラーは兵士一人を救出するために部下の命を危険にさらす任務に乗り気ではなかったが、危険極まりない敵陣深く進入し、ジェームス・ライアンを救出するための捜索を始める。
キャスト
Captain John H. Miller
Private James Francis Ryan
Technical Sergeant Michael Horvath
Private Richard Reiben
Private Daniel Jackson
Private Stanley Mellish
Private Adrian Caparzo
T-Medic Irwin Wade
Captain Fred Hamill
Corporal Timothy Upham
Sergeant William Hill
Lieutenant Colonel Walter Anderson
Steamboat Willie
Toynbe
受賞歴
作品賞 : ノミネート
主演男優賞 : ノミネート  /  トム・ハンクス
脚本賞 : ノミネート
作曲賞(ドラマ) : ノミネート
音響編集賞 : 受賞
録音賞 : 受賞
美術賞 : ノミネート
撮影賞 : 受賞
メイクアップ賞 : ノミネート
編集賞 : 受賞
レビュー投稿
レビュー
AKMさん
2004/09/12 12:15
ちゃんと、実物見てきました。
これは、米国では、R指定になっとりますが、
美しいまでにグロテスクでした・・・・・・・・・・・。
かっしーさん
2003/11/26 18:55
感動ですよね。何でトム・ハンクスって、こんなに見せるのウマいんでしょう…バリー・ペッパーも良かった
AKMさん
2003/11/13 16:46
かなしいわ~。
何故、人は民族や宗教の違いで
戦うのかしら?
ウォーカーさん
2003/11/12 19:22
これは最期まで諦めず戦いぬいた(トム・ハンクス)に感動した?
映画野郎さん
2003/10/24 22:11
戦争の怖さを。そして戦争をやめさせたいがためにこんなに残酷になったのだと思う。当時のドイツ軍との戦いを忠実に再現した作品です。日本語吹き替え版では「アパム」と言ってますが、本当は「アプハム」です
サンダース軍曹さん
2003/10/08 19:46
感動した。
じゅのさん
2003/09/13 00:09
奥が深い映画。ラストシーンが印象深い。
バリー・ペッパー(狙撃兵)がかっこいい!
シアンさん
2003/05/17 02:25
冒頭の戦闘シーンのリアルさに驚いた。その中でも、戦闘後の海岸に真っ赤な血の波が打ち寄せていたのが特に印象に残った。
アパムの臆病さもまた戦争のリアルな現実なのかもしれない。
とにかく、素晴らしい作品だった。
うすまゆ星人さん
2003/04/24 12:29
実際に戦争になったらもっと酷いことになることは分かる。
ミラー大尉の人間性に感動するのもわかる。
でも映画を見た後気分が悪いのは何故かしら。
Kaguさん
2003/03/19 17:07
最後のお墓のシーンは何回見ても泣きます。初めてこんなにはまりました。
まろんさん
2003/03/10 19:17
ノルマンディ上陸作戦のシーンはすごくリアルだなぁ~と思った。きっと実際もこんな感じなのかな。ストーリーもちゃんとあって最後まで飽きさせない。トム・サイズモアは相変わらずすごいな。
マシェリさん
2003/03/10 17:30
号泣?戦闘シーンのリアルさに鳥肌立つ?
haijiさん
2003/02/01 21:27
釘ずけになりました
メルヘンさん
2003/01/20 02:43
自分にとって、生涯のベスト1です。
きっとこれ以上の衝撃を与えてくれる映画とは、もうめぐり逢えないでしょう。
これを見て、自分が平然と、のうのうと生きている事が腹立たしくなりました。
彼らのような人達がいたからこそ、どんな命でも軽んじられる戦争とは縁遠い現代に生きているのに、今は当たり前のように命の重さが忘れられています。
これを見て、戦争が語るのが何なのかを改めて知らされました。
「私は、あなたの言葉に少しでも報いることが出来たでしょうか…?」
現代の人々は、ジェームズ・フランシス・ライアンになって、彼のその言葉の意味を自分のものにしてもらいたいです。
カピパラさん
2003/01/09 21:04
すごくリアルで怖かった。昔本当にこういう事があったんだとと思うと背筋が凍った。考えさせられる映画だった。
ジャクソンさん
2002/12/30 03:49
冒頭の凄まじいシーンは一気に興奮へと突入?人の命と命を秤にかける 一人のために八人が命を危険にさらす 戦争の本当の姿をおそわった
あっつんさん
2002/10/30 01:05
最初の30分、あの上陸作戦のところはめげそうになりましたが、戦争の無意味さ、残酷さがひしひしと伝わってきます。戦場知らないけど、リアルだなぁと思ってしまう。
ただ、お前がイジイジしてる間にどんどん仲間が死んでんだよぉ!!(怒)
・・・とは思いました。その他のキャストは正真正銘「漢」だ。やっぱトム・ハンクスの演技力は本物です。
リクガメさん
2002/10/17 12:24
映像もジョン・ウィリアムズの音楽もいい!個人的にスピルバーグの最高傑作です。トム・ハンクスの演技もすばらしい。この作品のミラー大尉と「フォレストガンプ 一期一会」のフォレストとはまるで別人です。
ひろ暴さん
2002/09/05 21:51
ナレーション等に頼ることなく、直接映像と音響で見るものに体感させるという映画の本来の利点を最大限に生かした作品のひとつだと思います。たとえばオマハビーチの、銃弾の飛びかう音のバリエーションの多さだけでも、異常なほどのこだわりが感じられます。
成実さん
2002/08/28 15:45
人の命を助けるために、自分の命を犠牲にする。いったい誰のために戦っているのか?どうして死ななきゃならないの?上官の命令は社会道徳にも勝るもの?でもその救った命がまた新たな命を生み出していくのですね。が、しかし、もっと何か新しい生命を生み出し、楽しい人生を送ったかもしれない犠牲者の人生は、いったいどうなるの?