Database

アンドリューNDR114 (1999)

コメディ ドラマ SF
64.6pt 64.6pt
BICENTENNIAL MAN

4.3 (25人)

近未来。郊外に住むマーティン家は家事用ロボット、NDR114号を購入した。アンドリューと名付けられた彼は、幼いリトル・ミスと友達になり、彼女から人間について学んだ。やがてリトル・ミスは成長し、結婚して子供も生まれたが、アンドリューとの交流は続いていた。いつしか人間のようになりたいと願うようになっていたアンドリューは自由を求めて旅に出た。そして、友人となった発明家のルパートからロボットが人間に近づける可能性を知った。かくしてアンドリューは大切な人となっていたリトル・ミスの孫娘ポーシャと同じように生きたいという切ない想いから、人間になる決心をするのだった。
キャスト
Richard Martin
Galatea
Little Miss Amanda Martin - Age 7
'Miss' Grace Martin - Age 9
'Miss' Grace Martin
Bill Feingold - Martin's Lawyer
Lloyd Charney - Age 10
Robot Delivery Man #1
Robot Delivery Man #2
Dennis Mansky - Head of NorthAm Robotics
受賞歴
メイクアップ賞 : ノミネート
レビュー投稿
レビュー
アンブリッジさん
2007/02/23 23:40
この映画が感じて欲しかった事は *心* だったんですね。愛と優しさがあり心で終わった・・という感じで不思議と人間の最後の時迄の心のあり方を考えさせられました。(もちろんアンドロイドがほんとうに誕生したとしても・・・)未来へのあるメッセ−ジでもあると思います。そしてやはりあのロビン・ウイリアムズでなければ愛と心あるアンドリュ−が生まれなかったのではないでしょうか・・・・
ラストは泣けてしまいました・・・・
きっと幾つもの時代になっても忘れてはいけない大切なものを教えてくれたような思いです。
5星以外をつけている方気づいて欲しいのですけど・・
シゲさん
2006/01/30 00:12
音楽担当のジェームズ・ホーナーが手を抜いた。
いままで自分が作曲した音楽のキーを少し変えただけ。
せっかく期待してたのに。映画の内容は不思議だった。
いつのまにか人間になってしまったという感じ。斬新な発想だと思う。
AKMさん
2005/09/04 13:05
私は今まで戦争映画ばかりを観ていました。
この映画との出会いは、友達に貸してもらったことがきっかけです。
最初、「あ~、古いタイプのロボット映画ね」程度の認識で見ていたのですが、途中からストーリーにのめBHWのシュガート軍曹が殺された時みたいに泣き出してしまいました。

この映画はベン・ハー並です!
人として、大切なことが分る映画です!
AKMさん
2005/09/04 13:05
私は今まで戦争映画ばかりを観ていました。
この映画との出会いは、友達に貸してもらったことがきっかけです。
最初、「あ~、古いタイプのロボット映画ね」程度の認識で見ていたのですが、途中からストーリーにのめBHWのシュガート軍曹が殺された時みたいに泣き出してしまいました。

この映画はベン・ハー並です!
人として、大切なことが分る映画です!
しおりさん
2005/03/28 17:30
すごく素敵なお話でした。ある度にビデオにとって、何度も繰り替えしみています。私がどうしても気になるのは、リトル・ミスが大人になるシーンでアンドリューと伴奏している曲です!サントラには入っていなかったんですが、どうしても知りたいので、何か情報をご存じの方はぜひ、メールをください(^—^)。
真田さん
2003/01/24 21:43
心からの涙を     優しい感動を     暖かく深い命を    永遠の愛を…        私はこれで知りました
萌黄さん
2002/03/22 19:36
あったかくて、いい映画には違いないけれど、何か物足りなかった。
ロビン・ウィリアムズの演技は相変わらず味が合ってすごくいい。
tannjiさん
2001/12/29 23:43
ロビン・ウィリアムズの映画っていつも、ほのぼのとして
少し悲しくて、そして感動できていいですね。
がじゅまるさん
2001/09/08 00:25
夢があっていいではないか。
コメントは常に辛口のほうがいいのか?
あの未来の街の雰囲気は明るくて50年代的でちょっと未来世紀ブラジルちっく。
永遠に愛するなんてすばらしいわよ。人間技ではないわ
凡人さん
2001/09/01 13:49
恋愛に疲れたときに、癒してくれるような映画かな。
さよこさん
2001/08/23 20:14
切ないです。「人間として死にたい」。感動しました。
からくちさん
2001/08/11 14:40
奥の深い映画。
うかさん
2001/06/30 01:22
最後はよかった。
けど、途中までがけっこうダレる感じだったかなー。
にいさんさん
2001/06/17 03:05
ほんと、この映画は名作だとおもいます。
最後のシーンなんて、すごい泣けました。
アンドリューが人間にあこがれ、人を愛し、より人間に近づきたいという願いがせつなかったです。最後なんて、あの選択は究極の愛って気がしました。すごい最高の映画だと思います。
ななぼんさん
2001/06/08 17:59
何かうわーって泣けるんじゃなくて、心の奥がふんわり温かくて涙がにじみ出てくるような、そんな映画ですね。
アンドリューは絶対にロビンに演じてほしい!
ヒロシさん
2001/05/07 23:41
とても奥が深くしんみりとする話。人間的な気持ちに変わる過程が絶妙。最後もしんみり。個人的にも、あんなロボットが欲しい。
Mameさん
2001/04/08 13:21
周りがみんな年をとっていく中で、一人変わらないアンドリューの寂しさがよく伝わってきました。
人間の世界ってよくできているのかなぁとも思ったりしました。
KOHAKUさん
2001/03/21 21:20
見ながら涙が止まりませんでした。せつなくってつらくって、でも幸せそうだなーって思う。自分が人間でよかったって思うんですよね。私の大好きな映画の1つです。         
P.S.アンドリューとリトルミスが弾いているピアノの曲、なんっていう曲か知ってる人いませんか??
ぶっち。さん
2001/03/17 01:53
単純明快でわかりやすい映画だけれど、泣きまくって感動しました。くさい(?)コト言うけれど『生きる』意味をひしひしと考えさせられます。一度は見る価値あり!
maruさん
2001/02/18 19:30
ひとり時を刻めなない者がどんなにせつないものか。
この映画を見たら不老不死を望むことなんてないでしょうね。
限られた時、必ず迎える最後、これが自然の摂理なんでしょう。
細かいところはともかく、とても深いテーマを掲げた映画でした。