News
映画『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』新場面写真解禁
2020年11月17日
この度解禁するのは、「シラノ・ド・ベルジュラック」が初上演されたパリのポルト・サン=マルタン座、踊り子たちがいるBar、煌びやかな娼館などベル・エポック時代の華やかなパリを堪能できる場面写真の数々。
世紀をまたぎ愛される傑作舞台の誕生秘話をドタバタ・コメディで楽しめる本作だが、同時にベル・エポック時代の華やかな街や建物がスクリーンを彩り、当時のパリの街並みの美しさに惚れ惚れするはずだ!
また本作は戯曲ができるまでを描いていながら、オマージュやデフォルメされたシーンや人物たちが数多く出てくるので、戯曲を知るファンはその違いなど、二重で楽しめる作りとなっている!監督も「エドモンとレオとジャンヌの三角関係はデフォルメしている」と語っており、戯曲でも屈指の見せ場となるシーンを連想させるシラノファンがニンマリしてしまうシーンがあるなど、監督は「エドモン・ロスタンへのリスペクトを随所に散りばめた」と本作の出来に自信を覗かせる。
ベル・エポック時代を象徴する名高い戯曲のひとつ「シラノ・ド・ベルジュラック」は、当時どんな人たちの手で初演をむかえたのか?パリの人々を熱狂させ今もなお世界中で愛され続けるこの大傑作の誕生秘話が、今明かされる!