News
『カポネ』予告&場面写真解禁
2020/12/17
服役を終えた伝説のギャング、アル・カポネはフロリダの大邸宅で妻メエとの静かな暮らしを送っていた。かつてシカゴを牛耳っていたカポネも今は見る影もなく、梅毒が原因の認知症に苦しみ、薄れゆく記憶から自らが作り出す悪夢に苛まれていた。一方、その大邸宅の外ではFBI捜査官たちが盗聴を続けていた。奇妙になる一方のカポネの行動はすべて見せかけであると信じ、1000万ドルとも言われる隠し財産の行方を探ろうとしていたのだ。果たしてカポネは本当に壊れていたのだろうか?それとも、秘密裡に帝国を支配していたのだろうか?歴史上最も有名なギャングの最晩年を新たな視点で描いた予測不可能な驚愕の物語。

血塗られた過去の悪夢にうなされ病魔に蝕まれていくカポネを、ただならぬ凄みをみなぎらせて演じきったのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。その他、マット・ディロン、カイル・マクラクランら個性派&実力派キャストが脇を固める。
『クロニクル』のジョシュ・トランク監督が自らのアイディアで企画を起こし脚本・監督を務めた。

この度解禁された予告編では、暗黒街の伝説のギャング“アル・カポネ”が、認知症の影響により自ら生み出す悪夢に苛まれ苦しむ様子が描かれている。家族との食卓で突然暴れ出す姿からは、妄想に取りつかれた男の狂気を感じるが、そんなカポネの様子すらも「奴は生粋の大ウソつきだ。病気は演技かも」と疑い、巨額の隠し財産のありかを探るFBI捜査官。更にFBIだけでなく、家族や仲間、親友からも隠し財産のありかを疑われ、徐々に悪夢に飲み込まれていくカポネは、はだけたバスローブとブリーフ姿で闊歩し発狂しながら銃を乱射する。「壊れているのは、世界か、俺か―」というコピーの通り、彼は本当に狂ってしまったのか―。画面のこちら側を覗き込むカポネの表情が印象的な予告編となった。
『アンタッチャブル』のロバート・デ・ニーロとはまた違った、ただならぬ凄みをみなぎらせて演じきったトム・ハーディの熱演も見どころだ。とめどもない狂気と妄想に取り憑かれた、暗黒街の帝王の“知られざる”カポネを描いた野心作『カポネ』は2021年2月26日(金)より公開。