News
『王の願い ハングルの始まり』予告編&場面写真解禁
2021/03/26
朝鮮王朝史上屈指の名君とされる世宗大王と卑賤な僧侶が朝鮮固有の新たな文字を生みだそうとした奮闘の日々を鮮やかに描く―
朝鮮第4代国王・世宗の時代。一部の上流階級層だけが特権として中国の漢字を学び使用している状況をもどかしく思う世宗が、庶民でも容易に学べて書くことができる朝鮮独自の文字を作ることを決意。何カ国もの言語に詳しい和尚シンミとその弟子たちを王宮に呼び寄せる。しかし臣下たちは、国の最高位である王様が最下層の僧侶と手を取り合い、庶民に文字を与えようとしている前代未聞の事態に激しく反発。逆境と葛藤のなか、世宗王とシンミは民へ贈る新たな文字作りに突き進んでいく―。

全ての民が文字を読み書きできる国を夢見た世宗王を演じたのは、『パラサイト 半地下の家族』で国際派スターへ躍進したソン・ガンホ。民衆のため、独自の文字創製に命を懸けた世宗王の情熱と葛藤を、迫真の演技で見事に演じ切っている。王に反発心を抱きながらもいつしか支え合うシンミ和尚に扮するのは、天性の演技派俳優パク・ヘイル。静かな佇まいのなかに熱い情熱が思う存分込められている。本作が遺作となったチョン・ミソンが王后役として登場し、三人にとっては『殺人の追憶』以来16年ぶりの共演作となった。また、人気ドラマ「愛の不時着」のタン・ジュンサンが若き僧侶役で登場。『王の運命 -歴史を変えた八日間-』の脚本で「映画評論家協会賞 最優秀脚本賞」ほか多くの賞に輝いたチョ・チョルヒョン監督が、本作で待望の監督デビューを飾り、脚本も担当。ハングル完成までのドラマチックな展開を主軸に、王と逆臣とのスリリングな対立や、王家が直面する哀しき運命など重厚な見どころが折り重なる史劇エンターテインメントが誕生した!

この度解禁された予告編では、ソン・ガンホ演じる朝鮮第4代国王・世宗が、庶民も使える独自の文字創製を目指し、「あらゆる知識を民に分け与えたい。余に力を貸してくれ」と、低い身分ながら言語に詳しい僧侶のシンミ(パク・ヘイル)に協力を頼む場面が切り取られている。家臣からの反発や、持病の悪化など幾多の困難が世宗王とシンミ和尚の行く手を阻むが、民衆の為に新たな文字を創製しようと二人で奮闘する姿が描かれている。