News
『母との約束、250通の手紙』予告編&ポスター解禁
2019年09月25日
セザール賞4部門ノミネート(主演女優賞、脚色賞、衣装デザイン賞、美術賞)。フ
ランスで動員100万人を超える大ヒットを記録した『母との約束、250通の手紙』
(2020年1月31日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN
CINEMAほか全国公開)の予告編とポスタービジュアルが解禁となります。

本作は、権威あるフランス文学最高峰ゴンクール賞を史上唯一2度受賞し、外交官、
映画監督、そしてプライベートでは『勝手にしやがれ』の女優ジーン・セバーグの夫
と複数の顔を持ち、最後は拳銃自殺を遂げたことでも知られる、フランスの三島由紀
夫とも評される伝説の文豪ロマン・ガリによるベストセラー自伝小説『夜明けの約
束』を、ラース・フォン・トリアー作品への出演など国際的な活躍がまぶしいフラン
スを代表する女優シャルロット・ゲンズブールと『イヴ・サンローラン』『婚約者の
友人』で人気上昇中のピエール・ニネという豪華実力派俳優共演で映画化したもの。
監督は『赤と黒の接吻』『蛇男』のエリック・バルビエ。ジュールス・ダッシン監督
によるフランス映画『夜明けの約束』(1970)に次ぐ47年ぶり、2度目の同名原作の
映画化となる。

あの日、ぼくは誓った。母の途方もない夢を叶えるとー
この度、解禁するのは人生のすべてを息子に捧げる母ニーナと、混乱した時代の中で
それに応えようと全力で駆け抜けた息子ロマンの強く深い絆に心打たれる予告編。
「私の息子は作家になる 偉大になるのよ!」と周囲の嘲笑のなか高らかに宣言する
ニーナに対し、「母の途方もない夢を叶える」とロマンも小さなころからその期待を
裏切らないように母の言いつけだけを信じ成長していく。大人になり文学の道に進ん
だ矢先、戦争に駆り出され大けがを負うロマン、しかしそんな状況でも「どんな時も
書き続けなさい 死ぬのは許さない」と遠く離れた母の手紙が届きつづける。年老い
たニーナの「帰ってきた時お前が許してくれますように」という言葉の真意が明らか
になったとき、ロマン・ガリを伝説の作家に育て上げた母のこれまでの異常にも見え
た愛の本当の意味を知り涙するはずだ。
ポスタービジュアルでは、母の愛情あふれる視線をロマンに向けるニーナや、幼少期
の幸せな親子が切り取られている。
衝撃の真実が隠された手紙を読むロマンに、想像もしないラストが待ち受けている―