News
『レディ・マエストロ』公開・邦題決定・ビジュアル解禁
2019/06/21
女性が指揮者になるという〈夢〉を見ることさえ許されなかった時代に、自らの手でその
〈夢〉をつかみ、女性指揮者のパイオニアとなったアントニア・ブリコ。一歩前へ進むたび
に出現する高く険しい壁を、ひとつひとつ乗り越えていったアントニア・ブリコのはるか遠
い道のりをたどる、勇気と感動と驚きに満ちた実話の映画化が実現した。マーラー「交響曲
第4番」、ストラヴィンスキー「火の鳥」から、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブル
ー」まで、数々の名曲と共に奏でる、夢を諦めないすべての人への応援歌。

併せて解禁となったポスタービジュアルには、「奏でよう、私だけのシンフォニー。」という
キャッチコピーと共に、女性指揮者のパイオニアであるアントニア・ブリコ(クリスタン・
デ・ブラーン)がオーケストラを前に指揮棒を振る後ろ姿があしらわれ、その美しいオーケ
ストラの音色を感じさせるポスタービジュアルとなっている。恋人のフランク(ベンジャミ
ン・ウェインライト)と顔を寄せ合う姿や、オーケストラに指示するブリコの強いまなざ
し、オーケストラの演奏風景も散りばめられ、女性が指揮者になるという〈夢〉を見ること
さえ許されなかった時代に、指揮者として一躍有名になり女性指揮者の地位を確立させたブ
リコの強い意志と優雅さが伝わってくる。