News
『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』公開決定
2020年03月18日
奇跡の実話を中国随一のヒットメーカーが映画化!!
 四川航空3U8633便が、1万メートルの高空を飛行中に操縦室のフロントガラスが破損し
たことにより墜落の危機に陥る。そんな極限状態の中、乗客を守り抜いた機長やクルーた
ちの活躍を描く、中国版「ハドソン川の奇跡」と称された奇跡の物語。国民的英雄のリュ
ー機長を演じるのは、ジョン・ウー監督『マンハント』で福山雅治とW主演を務めたチャ
ン・ハンユー。そして、『インファナル・アフェア』『頭文字D』のヒットメーカー、アン
ドリュー・ラウがメガホンをとった。中国では建国70年周年を迎えた2019年に「中国の
誇り3部作」最後の作品として公開され、3週連続で1位を獲得し7週に渡りベスト10に
ランクイン。興行収入450億円を突破するメガ・ヒットとなった。

この度解禁された場面写真では、高度1万メートルで操縦不可能となった絶体絶命の状況
下で乗客の命を守るため、酸素マスクを装着しながら懸命に操縦を続けるリュー機長(チ
ャン・ハンユー)やクルーたちの様子が切り取られている。また、飛行機のフロントガラ
スにひびが入り、副操縦士が窓の外に投げ出される衝撃の場面や、酸素マスクを付け激し
い揺れに耐える乗客たちの様子も切り取られ、実際にあった飛行機事故の様子が臨場感た
っぷりに再現されている。地上1万メートル、氷点下30度、巨大な乱気流の中で一体何が
起こったのか―。リュー機長とクルーたちはどのようにして119名の乗客の命を守ったの
か―。圧倒的な迫力の映像で奇跡の実話が綴られている。