News
『鵞鳥湖の夜』グイ・ルンメイからメッセージ動画到着!
2020年05月29日
第72回カンヌ国際映画祭でポン・ジュノ監督作品『パラサイト 半地下の家族』と並び、アジア発の衝撃をカンヌにもたらして絶賛を博し、さらに、先日発表された、世界中のアジア映画プロモーション最大の協会であるNETPACが発表した、アジア映画批評家協会賞(Asian Film Critics Association Awards)では、ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』や、ワン・シャオシュアイ 『在りし日の歌』らを抑えて、最優秀監督賞を受賞した本作。主人公チョウにジャッキー・チェンと共演した歴史大作『1911』のフー・ゴー。そして『薄氷の殺人』で主演を務めたグイ・ルンメイとリャオ・ファンが再共演を果たした。

メッセージでは日本で初めて公開された初主演作『藍色夏恋』公開時、日本のファンにあたたかく迎え入れられた感謝を伝えながら、約20年という時を経て、全く異なる役柄を演じた自身の成長を観てほしいと語った。またコロナ禍の日本へ向けて「一刻も早く平穏な時が訪れることを願っています。劇場へ行く際はマスクを着用のうえ、映画を存分に楽しんでださい。」とメッセージを送った。

魅惑的な闇と色彩が渦巻く鮮烈なヴィジュアルで現代中国の暗部をえぐる
中国の知られざるアンダーグランドの犯罪や社会の底辺で生きる人間たちの現実をあぶり出し、異例の大ヒットを飛ばした本作。1940年~50年のハリウッドのフィルムノワールに精通し、シャープでモダンな独自の感性を持ち合わせたディアオ・イーナン監督の革新的な演出スタイルに驚嘆せずにいられない。
孤独なアウトサイダーである主人公の男女、警察の捜索チーム、バイク窃盗団のギャングの行動が交錯していくストーリー展開は、フラッシュバックを導入した幻惑的な語り口、湖や雨などの“水”をフィーチャーしたロケーション、ダイナミックで切れ味鋭いアクション・シークエンスと相まり、とてつもなく濃密なサスペンス、エモーションを創出している。