News
『カサノバ ~最期の恋~』公開決定&予告・ポスター解禁!
2020年07月02日
18世紀に実在したイタリアの文筆家ジャコモ・カサノバ
(1725年4月2日 - 1798年6月4日)
数々の浮き名を流した男の、すべてを賭けた恋

18世紀のロンドン。快楽とギャンブル好きで有名な遊蕩児のカサノバは、パリからの亡命を余儀なくされていた。新たな土地で、彼は若い娼婦のマリアンヌ・ド・シャルピヨンと出会い、他の女性が目に入らなくなるほど彼女に心酔する。カサノバはあらゆる手段でシャルピヨンを手に入れようとするが、彼女は巧妙にかわしていく。「私が欲しければ私を追わないこと!」とシャルピヨンに挑発され、カサノバはますます彼女に溺れていく。

過去、ドナルド・サザーランドやヒース・レジャーなど、数々の才能豊かな俳優陣が演じてきたカサノバ役に『ティエリー・トグルドーの憂鬱』でカンヌ国際映画祭・セザール賞の最優秀主演男優賞をW受賞し、コメディからシリアスまで幅広い演技に定評のあるフランスの名優ヴァンサン・ランドン。カサノバが身を焦がすような恋の相手シャルピヨン役には『ニンフォマニアック』の大胆な演技で鮮烈なスクリーンデビューを飾り、『ポップスター』ではナタリー・ポートマンの姉役を好演するステイシー・マーティン。世界的ブランドミュウミュウ(Miu Miu)のフレグランスの広告に抜擢されるなど、ファッションアイコンとしても注目を集める彼女が、劇中ではクラシカルなドレスに身を包み、香り立つような妖艶さでカサノバを終始魅了し続ける。

今回公開されたポスターでは、カサノバの背から顔を覗かせるシャルピヨンの物憂げな眼差しがこれから起こる二人の波乱に満ちた運命の恋を予感させ、彼女の妖艶さが際立つビジュアルとなっている。そして、予告編は、冒頭で過去の女性遍歴を振り返るカサノバが他の女性たちとは一線を画す女性の存在を明かし、初めて足を踏み入れたロンドンで出会ったシャルピヨンについて語り出す。自身の露わな姿を見せつけるかのように誘惑的な態度をとりながらも、何度もキスを拒むなど、挑発を繰り返す彼女の虜になっていく一人の男の姿を官能的に切りとっている。