News
『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』公開決定&場面写真解禁!
2020年08月13日
フランスの代表的戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」がはじめて上演された19世紀の華やかなパリ。以後100年以上も世界中で愛され続けるこの舞台には知られざる誕生秘話が。
詩人であり劇作家のエドモン・ロスタンと彼を取り巻く崖っぷちの仲間たちが起こした”奇跡“の物語『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』が、いよいよ11月13日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開が決定!

普仏戦争の傷跡から立ち直りつつあるフランス・パリ。ベル・エポック時代を象徴する名高い戯曲の1つ「シラノ・ド・ベルジュラック」は、当時どんな人たちの手で初演をむかえたのか? 19世紀末、劇作家エドモン・ロスタンの手によって生み出され大成功を収めた悲恋の物語は、パリの人々を熱狂させ今もなお世界中で愛され続けている。この舞台劇が100年以上前にどのようにして誕生し、幕を開けたのか・・・。

かれこれ2年近くスランプに陥っていたエドモン・ロスタンのもとに、大物俳優の主演舞台を手掛けるチャンスが巡ってきた。しかし上演までわずか3週間。でも頭の中は真っ白。そんな中、親友の二枚目俳優レオが愛する女性ジャンヌと、彼になり替わって文通をすることに・・・。ロマンチストで才気ある親友の想い人と、詩美の溢れる手紙のやりとりからインスピレーションを得て、自身の脚本のペンも進み出す。
そして劇場ポルト・サン=マルタン座には借金だらけの俳優、一癖も二癖もある大女優、起死回生を掛ける崖っぷちの舞台人たちが続々と集い、いよいよエドモンたちの人生をかけた舞台「シラノ・ド・ベルジュラック」の稽古がはじまる_。

19世紀のフランスで、起死回生を狙う登場人物たちのドタバタ人生や甘いロマンス、決してあきらめることの無い舞台人たちの熱い思いを、娯楽性豊かなエンターテイメント作品に昇華させた映画『シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!』は11月13日(金)より全国公開。
ムビチケはオンラインにて8月14日(金)より発売開始。