News
『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』メイキング映像解禁
2020年10月01日
2018年に中国で起きた飛行機事故を『マンハント』のチャン・ハンユー主演×『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督で映画化した『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』(10月2日(金)より、シネマート新宿・心斎橋ほか全国公開)のメイキング映像を解禁いたします。

奇跡の実話を中国随一のヒットメーカーが映画化!!
 四川航空3U8633便が、1万メートルの高空を飛行中に操縦室のフロントガラスが破損したことにより墜落の危機に陥る。そんな極限状態の中、乗客を守り抜いた機長やクルーたちの活躍を描く、中国版「ハドソン川の奇跡」と称された奇跡の物語。国民的英雄のリュー機長を演じるのは、ジョン・ウー監督『マンハント』で福山雅治とW主演を務めたチャン・ハンユー。そして、『インファナル・アフェア』『頭文字D』のヒットメーカー、アンドリュー・ラウがメガホンをとった。中国では建国70年周年を迎えた2019年に「中国の誇り3部作」最後の作品として公開され、3週連続で1位を獲得し7週に渡りベスト10に
ランクイン。興行収入450億円を突破するメガ・ヒットとなった。

この度解禁されたメイキング映像では、チャン・ハンユーら出演者が撮影現場を訪問したリュー機長ら自分の演じる役のモデルとなった本人たちと交流する様子や、過酷なロケ撮影の様子、中国国内初となる連動式で自在に動かすことのできる巨大な実物大の旅客機のセットでの大がかりな撮影風景などが映しだされている。かつてない大規模な撮影と役者達の真に迫る演技力によって、これまで経験したことのない迫力の視聴体験型のスカイ・パニック・アクションが完成したことがわかる。