【映画総合サイト】cinemaINN
cinemaINN 映画データベース
キーワード
 
製作
出演
ジャンル指定
検索結果
使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録


プライベート・ライアンMIDI

SAVING PRIVATE RYAN ■アメリカ ■1998年 ■戦争
日本公開日:1998/9/26 
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演: トム・ハンクス / トム・サイズモア / エドワード・バーンズ / マット・デイモン / バリー・ペッパー / デニス・ファリナ
1944年6月6日早暁。フランス・ノルマンディの海岸で、20世紀の流れを変える史上最大の侵攻作戦が始まった。沖合いの海を埋め尽くした英米連合軍の大艦隊。幾千の上陸用舟艇とともに雪崩を打って強襲する若き兵士たち。その中に、ジョン・ミラー大尉(トム・ハンクス)率いる米第2レンジャー大隊C中隊の面々がいた。5つの上陸ポイントのうち、ミラーたちが目指したのはオマハビーチ。しかし、そこにはドイツ軍の未曾有の抵抗が待ち受けていた。後に“ブラディビーチ”と呼ばれた酸鼻を極めた光景の中で、生死を分けたものは「運」だけだった。……。
平均評価《75件中》★★★★☆(4.35/5)

主な受賞
第71回アカデミー賞 作品賞(ノミネート)
監督賞(受賞) スティーブン・スピルバーグ
主演男優賞(ノミネート) トム・ハンクス
脚本賞(ノミネート)
撮影賞(受賞)
編集賞(受賞)
美術賞(ノミネート)
メイクアップ賞(ノミネート)
音響賞(受賞)
視覚効果賞(受賞)
作曲賞
/ドラマ部門
(ノミネート)
第56回ゴールデン・グローブ賞 作品賞
/ドラマ部門
(受賞)
主演男優賞
/ドラマ部門
(ノミネート) トム・ハンクス
監督賞(受賞) スティーブン・スピルバーグ
脚本賞(ノミネート) ロバート・ローダット
作曲賞(ノミネート) ジョン・ウィリアムズ

投稿メッセージ
投稿者/投稿日/採点 コメント
saku
1999年05月19日(水) 00時56分
冒頭で既に半泣き状態だったのですが・・
聴覚からのアプローチが視覚からはいってくるものを
より一層引き立てていますね
濃厚な戦闘シーンが盛りだくさんなのですが、
だけれども目をそらさずに見て欲しいですね
管理人
1999年05月24日(月) 13時24分
★★★★☆
これほどリアルに再現された戦争映画は今まで無かったのではないでしょうか?冒頭の30分間だけでも十分!
たけ@ボストン
1999年05月24日(月) 13時38分
★★★★★
まさに力でねじふせた戦争映画。
SUMMER
1999年05月25日(火) 10時20分
★☆
重くてつらくて、改めてそれでも戦う戦争って。なにがそんなに人を駆り立てるのでしょうか?友人は勇気を最後まで出せなかった若者に腹を立ててたけれど、私は、そんなみんなが命を捨てられるかというとんーわからない。責められても当然かも、でも責める気になれなかった。おもすぎた〜
もも
1999年06月03日(木) 15時55分
戦争とはこういうものなんだ、と目の前につきつけられた気がしました。直視できないかもしれないけど、ちゃんと向き合って欲しい映画ですね。
もも
1999年06月03日(木) 15時59分
★★★★☆
っていうわけで、採点するの忘れてた。
愚者
1999年09月08日(水) 14時54分
★★★★
戦争とは、こんなもんなんだ、と思い知らせてくれる映画。
最初の30分と(オマケで最後の30分)に価値あり。
監督のとりたかったのは、中盤の半端なテーマではなく
この冒頭30分なのでは?

ドキュメンタリータッチでとられた、圧倒的な殺戮シーン。
そこには、人間性はない。そういう意味では戦争の真実に近づいた作品だと思う。
ビショップ
1999年09月15日(水) 20時53分
★★★★
はじめの30分で泣けてきました。あの戦争を体験したした人は皆どんな思いで、何を思って戦ったのだろうと考えるだけで涙がでてきます。誰かの夫か父親か、恋人かもしれない人が、戦争で殺人者になってしまうのですから。
「正義の戦い」とされてる第二次世界大戦とは何だったのかを考えさせられる映画だと思います。
ひではる
2000年03月29日(水) 00時59分
★★★★★
人間が人形のようにあっけなく倒されていく...
「殺戮」と言うけれど、戦争って、殺戮の連続だったんですよね。
戦争写真、フィルム等は多く見て来ましたが、それに匹敵するほど
本能的な怖さを感じさせ、考えさせてくれる映画です。
戦争は怖い、嫌だ、そう言って目をそむけるのは容易ですが、
そう言っていては何も分からない。
私にも、戦争で無くなったおじが3人いるのですが、彼らは何故
戦ったのか?
ミラー大尉の言ったように、彼らの分まで精一杯我々は生きて
行かなければならないのでしょう。
ゴライアス
2000年08月22日(火) 16時58分
★★★★☆
 なかなかよくできていると思う。特に最後の墓参りのシーンには、ぐっときた。
フジエイ
2000年09月08日(金) 14時00分
★★★★☆
面白かった。って言うと語弊があるかもしれないけど
戦争をほんの少し体験できたような気がする。
有無を言わさず巻き込まれてしまいました。
凄い映画でした。映画館で見て良かった。
見終わった後しばらく放心してたけどね。
あきみ
2000年09月09日(土) 02時30分
★★★☆
皆さんの意見と同様、冒頭のノルマンディー上陸作戦の時のシーンは、今までのどの戦争映画よりもリアルで、「血路を開く」という言葉の重みがずしんと響きました。
それでも、最近ちょっとトム・ハンクスは大物になりすぎたせいか、映画の中でもカッコ良すぎないかい? ラストは綺麗すぎて何だかしらけてしまいました。
エツ
2000年09月17日(日) 01時42分
★★★☆
なんか今まで戦争映画は好きじゃなかったけど映画館で見てなんか衝撃的でした。顔が無いとか、お腹から内臓とか・・リアルすぎて・・ビックリでした。でも実際の戦争はこんな光景だと思うと戦争のコワサを実感しました 戦争映画苦手でしたがこの映画そういえば2回も映画館で見た気がする・・・
くにくに
2000年10月15日(日) 14時24分
★★★★
泣いちゃいました・・。本当にリアルでした。音楽を使わないところがまた・・。
なんか言うことが見つかりません。
みらー
2000年11月21日(火) 19時26分
★★★★☆
映画館で見たら驚愕のサラウンドで死ぬかと思った。
目の前で地雷が爆発して、その爆発で飛んだ
砂の粒がザラザラと目の前に落ちてくる音まで聞こえる。
右から左に飛ぶ銃弾の音や、兵士の叫び声、
さらに後ろやってくる装甲車の音。

助けたドイツ兵に殺されそうになって、
その兵士を殺してしまう
気の弱い通訳兵のシーンが泣けた。
popy
2000年11月23日(木) 07時34分
★★★★★
とってもかわいそうな映画でした!
感動しました!
またも見たい!
sol
2000年12月04日(月) 05時37分
★★★
冒頭の30分は本当にすごい。敵でも味方でもなく戦場に放り出されたような視線のカメラワーク。しかしその後の、とって付けたようなお涙頂戴のドラマはなんなのだろう・・・。一本の映画としては見られたものじゃない。
黒ひげ
2001年01月03日(水) 05時00分
★★★★
やけに生々しい映画ですね
ステージごとにドラマがあって面白かったです。
戦争映画としてはこれで良しでしょうが…
内容が少し薄い気がするのは、私だけでしょうか
shiba
2001年02月04日(日) 21時51分
★★★★☆
映画館で見たときは、最初の上陸シーンで戦慄してしまいました。
戦争の残酷さ、凄惨さを正確に表した映画ではないかと思います。
こういった映画は、戦争を知らない世代が見て(私もそうですが)、戦争という行為を直視し、考るには一番良いのではないかと思います。
映像として残酷すぎる部分もありますが、主題のしっかりした良い映画です。
けんいち
2001年02月06日(火) 18時28分
★★★★★
いい映画でした。
DVDのおまけの中でスピルバーグが、「この映画は、
あの戦争で戦った兵士のために作った」と言ってましたが、
つまりは、戦争を知らない世代に戦争の真実を伝えたい
ということなのでしょう。戦争の惨さや、人間が他の人間の
命を量りにかけなければならない残酷さが十分伝わってきました。
hiro
2001年02月11日(日) 10時22分
★★★★
今までの戦争映画ではドイツ軍兵士と武器が偽物ばっかりだったのに
この映画ではハノマーク等より本物志向に仕上がっていたので感心した。武装親衛隊の装備も感激だった。唯一はタイガー戦車が少し小さいのが残念、改造したのだろうが…
maru
2001年02月18日(日) 19時58分
★★★☆
描写に圧倒されました。
戦争映画はよく見ますが、かなり圧倒されましたね。
ムスタングの登場のタイミングがえがった。

しかし内容は少し希薄でしたね。
戦争とは?そういう訴えかけまではできてないと思います。
maru
2001年03月01日(木) 22時45分
★★★★★
前回見たのは映画館でした。
2度目は今日、ビデオで。

んで気づいたことですが、前回あまりに低い評価をつけちゃってますね。
訂正させてください〜。
内容も充分でした。
ますおみ
2001年03月04日(日) 13時20分
★★★★★
素晴らしい!こんな作品観たことが無かった。
兵士達一人一人の心境や、特殊効果が上手く、なにもかもがよかった
作品だった。
ただの反戦映画ではなく、他にも、我々に問い掛ける「何か」があった。本当に良い作品である。
マーリン
2001年03月25日(日) 00時40分
★★★★★
最初の上陸シーンは何度見てもびびる
弾の横切る音がとっても怖い。
コアラ
2001年03月26日(月) 10時30分
★★★★★
すごい・・・・・・。この一言に尽きます。
今では考えられない戦争。それが本当に、本当に起こっていたんだ
っていうことを教えられたと思います。
なんて人間ってバカなんだろう。なんでこんなことをしなければ
ならたかったのだろう。
何回も見ていくと、だんだん心が痛くなってきました。
でも何度でも見なくてはいけないと思いました。
こんなこと繰り返さないためにも。

トムハンクスはかっこよかったですねー!
いやいや、ホレボレ。
あとジャクソン役の人!あの狙撃がうまい役の人!
グリーンマイルにも出てましたね。
今私の注目の人です。でも名前がわからない・・。
わかる方いらしたら是非教えてください。
ぷー
2001年04月16日(月) 01時32分
★★★★★
ジャクソン役の人の名は、バリー・ペッパーっていいます。
狙撃手ジャクソンかっこいいですね!
ろっく
2001年04月30日(月) 17時01分
★★★☆
よかった
からくち
2001年05月01日(火) 02時53分
★★
戦争の怖さを知った。
MASAYA
2001年05月24日(木) 16時58分
★★★★★
主よ我に力を・・・・
vuro
2001年06月01日(金) 12時23分
★★★★★
本当に戦争について考えさせられた映画だった。今まで私が見た戦争映画は中途半端で戦争について軽く見て間違った考えを持ちかねないものだったと思う。むごい映画という人が多いがこれは現実にあったことなんだから目を逸らさずに見てほしい映画です。
snow
2001年06月07日(木) 01時35分
★★★★☆
これはDVDで、しかも5,1chホームシアターを通して見ないと本当の良さがわからないはず。将来に渡っても音響に関してこの作品を超えるものは現れないであろう。
優斗
2001年06月14日(木) 22時16分
★★★★★
すごかったねコレ。

見た人みんなそう思うよね。

僕が一番気に入っているところは

スナイパーであるジャクソンさんが

あの摩天楼の上から撃つシーンです!

なにかつぶやいていましたよね。かっこいいですねー。

上記のコアラさんも言っていましたがあの人

「グリーンマイル」でもハンクスと共演して最高の

演技をしてくれていました。

感動をありがとう・・・・・・。

ルパ
2001年06月17日(日) 02時04分
★★★★
助けに行った兵士がマット・デイモンで良かったのー
それにしても、スピルバーグは感情表現、心理描写はぬるいのー
映像表現に力を入れてほしいのー
うか
2001年06月30日(土) 01時50分
★★★★☆
ここまでの戦争映画が今まであっただろうか、、。
もげた自分の腕を拾ってさまよう兵士、
「ママー、ママー」と泣き叫ぶ声、、、。
この映画と「シンドラーのリスト」を見れば、誰でも
戦争の悲惨さ、残虐さを思い知らされるのではないでしょうか。
冒頭30分のノルマンディー上陸シーンが一番心に残る。
ななぼん
2001年07月09日(月) 15時45分
★★
1度目に観た時は冒頭の20分で疲れ果てて観るのをやめてしまった・・・。その後、もう1度見直すととりあえず、途中はどうでもいいけれど、最後にトムがマットに話しかけて、マットがおじいさんになって映画が終わるとこまでのシーンは良かったです。
モリティー
2001年07月25日(水) 10時23分
★★★★★
 オマハビーチのシーン息が止まりました。これが戦争なのだと思い知らされました。人はこんなにも簡単に死んでしまうのかとおもいました。
 普通は主役が死ぬときはカメラがよってスローモーションになってゆっくりと崩れ落ちるのにミラー大尉の死ぬシーンはドイツ軍側からのアングルで一瞬の内に崩れ落ちてしまう。きっと戦争にはヒーローなど居ないのだというスピルバーグ監督の演出だと思いました。
 本当に戦争について考えされました。「プライベート・ライアン」をもっとよく知りたいと思う人は原作の本を買うといいでしょう。未公開シーンやミラー大尉の気持ちなどが100パーセント分かります。
テキサス
2001年08月03日(金) 19時00分
★★★☆
最高!
アーサー王
2001年08月26日(日) 00時35分
★★★★★
これぞ戦争映画、何度見ても感動色褪せず。
これを超える戦争映画を作れるのはスピルバーグ本人だけだ
やっぱり戦争映画は地味で、史実に忠実でなければ駄目だ。
bee
2001年08月27日(月) 17時20分
★★★★☆
↑うかさんのおっしゃるとおりです。
死神
2001年08月28日(火) 15時08分
★★★
今の日本にこれが出来る人間がいかほどおるんやろか?
戦場いっても皆、あの仲間見殺しにした奴と似たようなもんやろな。
リアルに戦争を想像させる映画やね。
キチガイ
2001年09月14日(金) 20時01分
は?
ミズメ
2001年09月19日(水) 14時57分
★★★★☆
スピルバーグが映画を作るうえで最も重視していることは何よりも、見る者に体感させることだろうと思う。そして最も体感しやすい感覚。それは恐怖。激突、ジョースに始まり、このプライベートライアンまで。映画的恐怖ではなく、生々しい恐怖の表現に卓越している。(そのかわり見せようとしたカラーパープル、アミスタッドは失敗した。この人に人間は描けないと実感)そんな中でもこのプライベートライアンとシンドラーのリストは最も生々しい。2つとも映画館でみたけど、ホントに恐かった。弾丸が自分に貫通してくるのではないか、リアルなサウンドは戦場そのものに我々を導く。
今までたくさん戦争ものみてきたけどこの2つがMY bestだ。戦争ものでは。映画の持てる役割、体感させる、これだけでホントは十分なのかもしれない。つべこべいわず、これをみれば戦争の恐ろしさ、絶命感を感じる。頭でっかちになった現代人はみるべき
ysp
2001年09月30日(日) 14時38分
★★★★★
 戦争の悲惨さの再現は私が今まで見た戦争映画の中では一番だ
DR.REDUX
2001年11月05日(月) 03時02分
★★★★★
平和ボケしたアホ共に見せてやりたい映画!!!!冒頭の上陸シ-ンでアドレナリン放出しまくり!!足がもげ、頭が砕け散り、腕がちぎれるイタ〜イ暴力描写はこれまでにない衝撃!!!それだけじゃない!ラストには感動的にウマク仕上がってるんだから!!!!
TAKUYA
2001年11月26日(月) 17時30分
★★★★★
私がこれを見たのは14歳の時でした。
私は最初戦争映画とは残酷なだけの物だと思っていましたが、
これは違いました。何故ならば見終わった後『感動』したからです。
兵士達が一体何を考えて戦っていたのかなどが分かったような気がします。
これを超える映画はそうざらにはないと思います。
Nob
2002年01月14日(月) 21時40分
★★★☆
完成度は高いと決して思わないが・・・これは劇場で体験しておいて良かった と思える作品だ。
Leo2a6
2002年01月19日(土) 21時32分
★★★★☆
この映画を見て、静かなストーリー展開だと思うのは私だけ?
戦争のはかなさというか、そう言うものを伝えたい映画だったと思う。
ライアン
2002年01月27日(日) 12時41分
★★★★★
ミラー大尉が死ぬシーンはとても泣けました。
ミスターX
2002年02月01日(金) 13時11分
★★★★★
ライアンオモシロイ
プリスキン中尉
2002年02月01日(金) 13時14分
★★★★★
血ですぎのえいが
ちくきもい
マイケル
2002年02月01日(金) 19時51分
★★★★
エドワードバーンズがよかった。
tannji
2002年02月11日(月) 00時24分
★★★★★
劇場で観たときは疲れてかなり理解力が低下してたようで、細かいストリーはおろか、敵味方の区別もつかないありさまで・・・
今日TVで観てあらためて素晴らしい映画だな−と・・・
まったく一分の隙もないです。
神に祈りながら敵を倒すスナイパー、かっこいいっす。しびれました。
地球連邦軍
2002年02月19日(火) 16時44分
★★★★☆
ジョンウィリアムズの音楽がかなりの効果をだしていると思います
kina
2002年02月21日(木) 13時21分
★★★★★
戦争を伝えたシンプルな映画。
致命的なミスがあるけどそんなもんはどうでもいい。
トム・ガバメント大尉
2002年05月06日(月) 23時41分
★★★★★
もう30回ほど見たけど奥が深くて飽きません。ミラーさんは自分の唯一憧れた人物です。基礎訓練キャンプつれてって欲しかった。
アナキン4世
2002年05月26日(日) 10時25分
★★★★☆
 戦場映画というジャンルでは、『地獄の黙示録』を除き、間違いなく一番の作品だと思う。冒頭のシーンはやや誇張があると思うが、その方がずっと心に残る。『ブラック・ホーク・ダウン』は完全な再現映画で誇張が最小限だったためか、あまり残酷さを感じなかったのに対し、こちらは「なんて残酷なんだ」と感じてしまう。
 この映画は戦闘シーンのみが頭に焼き付いてしまうせいか、アカデミー作品賞を『恋に落ちたシェイクスピア』などにとられてしまったが、映像がどれほど力を持っているかを見せ付けたのはこっちだと思う(もっとも、人間をあまり描いてないこの作品が作品賞にノミネートされただけでも凄い。この映像力にアカデミー会員も目を離せなかったということか)。
 最後に、一番心に残ったシーン。それはラストの戦闘シーンで、敵同士の二人の兵士が階段で会い、殺し合わずに別れるシーン。ミラー大尉の最期のシーンよりこっちのほうが印象に残った。
 やっぱり、スピルバーグ、ただのおじさんじゃありましぇん。
成実
2002年08月28日(水) 15時45分
★★★★☆
人の命を助けるために、自分の命を犠牲にする。いったい誰のために戦っているのか?どうして死ななきゃならないの?上官の命令は社会道徳にも勝るもの?でもその救った命がまた新たな命を生み出していくのですね。が、しかし、もっと何か新しい生命を生み出し、楽しい人生を送ったかもしれない犠牲者の人生は、いったいどうなるの?
ひろ暴
2002年09月05日(木) 21時51分
★★★★☆
ナレーション等に頼ることなく、直接映像と音響で見るものに体感させるという映画の本来の利点を最大限に生かした作品のひとつだと思います。たとえばオマハビーチの、銃弾の飛びかう音のバリエーションの多さだけでも、異常なほどのこだわりが感じられます。
リクガメ
2002年10月17日(木) 12時24分
★★★★★
映像もジョン・ウィリアムズの音楽もいい!個人的にスピルバーグの最高傑作です。トム・ハンクスの演技もすばらしい。この作品のミラー大尉と「フォレストガンプ 一期一会」のフォレストとはまるで別人です。
あっつん
2002年10月30日(水) 01時05分
★★★★☆
最初の30分、あの上陸作戦のところはめげそうになりましたが、戦争の無意味さ、残酷さがひしひしと伝わってきます。戦場知らないけど、リアルだなぁと思ってしまう。
ただ、お前がイジイジしてる間にどんどん仲間が死んでんだよぉ!!(怒)
・・・とは思いました。その他のキャストは正真正銘「漢」だ。やっぱトム・ハンクスの演技力は本物です。
ジャクソン
2002年12月30日(月) 03時49分
★★★★★
冒頭の凄まじいシーンは一気に興奮へと突入ゥ人の命と命を秤にかける 一人のために八人が命を危険にさらす 戦争の本当の姿をおそわった
カピパラ
2003年01月09日(木) 21時04分
★★★★★
すごくリアルで怖かった。昔本当にこういう事があったんだとと思うと背筋が凍った。考えさせられる映画だった。
メルヘン
2003年01月20日(月) 02時43分
★★★★★
自分にとって、生涯のベスト1です。
きっとこれ以上の衝撃を与えてくれる映画とは、もうめぐり逢えないでしょう。
これを見て、自分が平然と、のうのうと生きている事が腹立たしくなりました。
彼らのような人達がいたからこそ、どんな命でも軽んじられる戦争とは縁遠い現代に生きているのに、今は当たり前のように命の重さが忘れられています。
これを見て、戦争が語るのが何なのかを改めて知らされました。
「私は、あなたの言葉に少しでも報いることが出来たでしょうか…?」
現代の人々は、ジェームズ・フランシス・ライアンになって、彼のその言葉の意味を自分のものにしてもらいたいです。
haiji
2003年02月01日(土) 21時27分
★★★★☆
釘ずけになりました
マシェリ
2003年03月10日(月) 17時30分
★★★★★
号泣汾闘シーンのリアルさに鳥肌立つゥ
まろん
2003年03月10日(月) 19時17分
★★★★★
ノルマンディ上陸作戦のシーンはすごくリアルだなぁ〜と思った。きっと実際もこんな感じなのかな。ストーリーもちゃんとあって最後まで飽きさせない。トム・サイズモアは相変わらずすごいな。
Kagu
2003年03月19日(水) 17時07分
★★★★★
最後のお墓のシーンは何回見ても泣きます。初めてこんなにはまりました。
うすまゆ星人
2003年04月24日(木) 12時29分
★★★☆
実際に戦争になったらもっと酷いことになることは分かる。
ミラー大尉の人間性に感動するのもわかる。
でも映画を見た後気分が悪いのは何故かしら。
シアン
2003年05月17日(土) 02時25分
★★★★☆
冒頭の戦闘シーンのリアルさに驚いた。その中でも、戦闘後の海岸に真っ赤な血の波が打ち寄せていたのが特に印象に残った。
アパムの臆病さもまた戦争のリアルな現実なのかもしれない。
とにかく、素晴らしい作品だった。
じゅの
2003年09月13日(土) 00時09分
★★★★★
奥が深い映画。ラストシーンが印象深い。
バリー・ペッパー(狙撃兵)がかっこいい!
サンダース軍曹
2003年10月08日(水) 19時46分
★★★★★
感動した。
映画野郎
2003年10月24日(金) 22時11分
★★★★
戦争の怖さを。そして戦争をやめさせたいがためにこんなに残酷になったのだと思う。当時のドイツ軍との戦いを忠実に再現した作品です。日本語吹き替え版では「アパム」と言ってますが、本当は「アプハム」です
ウォーカー
2003年11月12日(水) 19時22分
★★★★☆
これは最期まで諦めず戦いぬいた(トム・ハンクス)に感動したゥ
AKM
2003年11月13日(木) 16時46分
★★★★★
かなしいわ〜。
何故、人は民族や宗教の違いで
戦うのかしら?
かっしー
2003年11月26日(水) 18時55分
★★★★
感動ですよね。何でトム・ハンクスって、こんなに見せるのウマいんでしょう…バリー・ペッパーも良かった
AKM
2004年09月12日(日) 12時15分
★★★★★
ちゃんと、実物見てきました。
これは、米国では、R指定になっとりますが、
美しいまでにグロテスクでした・・・・・・・・・・・。


YOUR NAME
E-Mail
HP
コメント
採点

使い方人気キーワード評価ランキング(5票以上)評価ランキング(全作品)新着作品作品登録
検索ホームcinemaINN TOP
Copyright © 1998-2000 cinemaINN All rights reserved
このサイトはInternet Explorer5.0で動作確認しています。その他のブラウザの場合表示がうまくいかないことがあります。